東京キヤビン-About Music and Something

音楽ネタのブログ。tokyocabinチャンネルもよろしく。

東京キャビン

OMSB-CLOWN 一見醜悪な言葉組み立てられた美麗なラップ”小説世界”。OMSBの凄さ

OMSBの歌の美しさって、なんなんだろうか。と自分なりのメモです。

OMSB - CLOWN

https://youtu.be/8dT8PalJyXo

OMSB - CLOWN 63,404 回視聴2021/08/16

SUMMITube チャンネル登録者数 5.69万人
Produced by OMSB
Director, DOP, Edit Studio Ishi
Camera Operator  Toshiaki Shimizu

CLOWN – OMSB 歌詞

ハイ!この生業は芸術家
よく言うよな 変わり者さ
エゴのモンスターの見世物小屋
恥で芸肥やす奇妙な牢屋

綺麗な人 肌じゃない色
中身が外見 よく見ればわかる
いくら明るく振舞ってもカス
黒い口調でちょー優しい奴

グラスが割れる、誰か泣いてる
客があいつのライブで沸いてる
その取り巻きが裏で巻いてる
喜怒哀楽一緒くたなビジョン
美女は俺に見向きもしないし
イキりに踏まれた白のナイキ
ため息は全て向けるmy music
くそっくらえだぜ

(サビ)

Mic check one two one two 毎日が週末
Mic check one two one two 胸が熱くなる
滑稽さ I know 幾度繰り返すバグ
俺はいかれたclown 声はyellow
いかれたclown 笑ってくれよ like this

 

ふと我に帰り、周り見渡す
脇腹が少し痛え 声張り上げ
滴る汗 気付けばみんな笑って

今日あったネガもういいかななんて
Aye yo! mic check, u know my style?
キツい時ほど 強く声張る
I’m 通り雨 しかも土砂降りのち晴れ

闇(いやみ?)歌っても誰かの追い風
黄色い歓声が広がってく
Bad dayなんて気まぐれなだけ
まだやれる 急ぎゃ間に合う
多分ギリだけど急ぎゃ間に合う
さあ騒ぎな 目当てのワギナ
場違いな君も今は騒ぎな
人一倍大汗かきながら

立つ奴だけ見れる景色味わう

(サビ)
Mic check one two one two 毎日が週末
Mic check one two one two 胸が熱くなる
滑稽さ I know 幾度繰り返すバグ

俺はいかれたclown 声はyellow
いかれたclown 笑ってくれよ like this

OMSBのラップ曲の美しさのポイント

OMSBの声と乗せ方が非常に良い

「人形は顔が命」ならば「ラッパーは声とノリが命」であろう。声に力強さと心地よさがないラッパー、ノリがダサすぎる奴のを聴くと、ほんと、落ち込むものである。正直、日本語が馬鹿にされたような気がして。
その点、OMSBの声の良さって何だろうか。厚みがあって説得力がある。しかもビートへの乗せ方が非常に良い。日本語って音声が平べったくて母音が多いから、リズムが単調になりがちで、かつタイミングを間違うと川上音二郎とか河内家菊水丸みたいになる。誤解しないでくださいね。オッペケペー節や河内音頭そのものはとても面白いし思うし、日本の古典的なリズムや歌いまわしはそれはそれで深いです。た、だ、ですよ、RAP BEATにのせるときは、それにあわせたフィーリングが欲しいわけであり、それを日本語でやるのはかなり難しい…んだけど、OMSBばっちりなんだよね。

小説的なストーリーを感じさせる歌詞がとてもいい

それはひとつに歌詞がいい、というのがあるかもしれません。言葉がとても練れて、聴きごたえがあって面白い。つまらないRAP聴くと…これ以上言いませんが、とにかくOMSBは言葉の一つ一つに仕掛けがあって、いうなればテーブルマジックの連載展開みたいに楽しめる。でもさらにすごいのが、その仕掛けがたんに聴き手を楽しませるだけでなく、積みあがると、小説みたいなストーリーになる。そこがすっごくスリリング。いわば「テーブルマジックから美女がらみのイリュージョンへ」といった趣向。単にこの曲「やばい」とか「泣ける」とかそういうんじゃなくて、もっとずっとの込んだストーリーを聴き手に想像させてしまう。それが聞いた後にも、心の中で尾を引くのです。ズ~ン、とね。

一筋縄ではいかない凝った重めのビート

ベースとなるトラックの完成度の高さもちょっと段違い的に良い気がします。最初の音でもうOMSBってわかるもん。いい料理人がお出汁に手間をかけているように、ビートだけでこの方の音楽に対する姿勢が分かるというもの。「CLOWN」のトラックといい、、前回紹介した「波の歌」といい、最近の「Wheels」といい、音そのものが素晴らしい。もちろん、そのバックトラックは、それに負けない”声”の力を持つOMSBであればこそ、活かせるのですが。

OMSB氏、先月お子さんが生まれたんですね

ハイパー可愛いです!これからも頑張ります!感謝!

とのことですが、このコメントそのものが可愛いです! そして、ラッパーの子供って、きっと小さい時から自然にラップするんだろう。言葉とはそもそも歌なのだから。

関連動画

---------------
tokyocabin