東京キヤビン-音楽エンタメ動画ブログ-オモシロと感動だけ。

音楽エンタメ動画ブログ-オモシロと感動だけ。

東京キャビン

余命宣告後、最後の夏に考えた事(最上川舟唄)-朝倉さや Saya Asakura -Last summer with a year to live (Mogami River Boat Song)

  

朝倉さやさんをプロデュースしたSolayaさんは、がんを宣告され、余命半年です。

Producer solaya, who released Saya Asakura, was given half a year to live because of cancer.

ご注意:下記のタイトル、一瞬混同しますが、「余命宣告」を受けたのはsolayaさんです。朝倉さんではありません。

Note: The title of the video is s somewhat misleading. The person with a year to live is producer solaya, not  Saya Asakura.

余命宣告後、最後の夏に考えた事 - 朝倉さや Last summer with a year to live- Saya Asakura (Mogami River Boat Song with a poem written by Saya)

https://youtu.be/wFF7I6WoUE0

余命宣告後、最後の夏に考えた事 - 朝倉さや【MUSIC VIDEO】
596,494 回視聴•2020/05/06
朝倉さや チャンネル登録者数 9.24万人

※がん再発転移。プロデューサーsolayaが35歳時に受けた
余命宣告1年。残り少ない1秒を音楽に託すメッセージ。

Written by 山形県民謡 , 朝倉さや
Camera (Saya Asakura Scene) : 夏の山親方
All Instruments , PV Direct : solaya
Produced by Saya Asakura

動画に記されているさやさんの詩が素晴らしいです。歌っている曲は「最上川舟唄」です。

In the video, the poem written by Saya is wonderful. The song is "Mogami River Boat Song" sung by her.

最上川舟歌とは? What is "Mogami River Boat Song"?

山形県西村山郡大江町左沢(あてらざわ)の新民謡。1936年(昭和11)9月、NHK仙台局が「最上川を下る」という番組を企画、左沢の詩人渡辺国俊に「最上川舟唄」を依頼した。しかしこれに該当するものがないため、同地の民謡家後藤岩太郎とつくることを計画。柴橋(しばはし)村(現寒河江(さがえ)市)中郷の船頭後藤作太郎から教わった掛け声と、左沢の船頭後藤与三郎の母親が覚えていた『松前くずし』という船頭仲間の流行(はやり)唄を組み合わせて、今日の『最上川舟唄』の曲をまとめあげた。歌詞は、渡辺国俊が1932年に近所の船頭の女房佐藤やす(当時72歳)から聞いておいたものを元に手を加え、今日の形にまとめあげた。そして後藤岩太郎の唄で初放送し、以来全国的に知られるようになった。

最上川舟唄とは - コトバンク

It is a shin-minyo, newly created minyo folk song, of Oe-machi, Yamagata Prefecture for an NHK program in 1936. Lyrics were written by Kunitoshi Watanbe and music was composed by Iwataro Goto based on the local boat songs. Goto was inspired by "Volga River Boat Song" in Russia. 

 ロシア民謡『ヴォルガの舟歌』が参考になったようです  Inspired by "Volga River Boat Song" in Russia

https://youtu.be/b4jxCRfHwd4

【ロシア語】ヴォルガの舟歌 (Эй, ухнем) (日本語字幕)
37,107 回視聴•2016/10/22
MsLijeBailey
チャンネル登録者数 8690人
19世紀のヴォルガ川の舟曳き人足たちによって歌われていた労働歌を作曲家バラキレフ(М. А. Балакирев, 1837-1910)が収集し、1866年に採譜した、有名なロシア民謡。映像はロシアの歌手レオニード・ハリトノフ(Леонид М. Харитонов)と赤軍合唱団(Ансамбль Александрова)の歌による、1965年のもの。

聴いたことのある有名な曲ですよね。…でも「最上川舟歌」にそれほど似ている感じはしません。ベースがれっきとした現地の舟歌だからでしょう。

"Volga River Boat Song" is a famous labor song. Personally, I don't find lots in common between this song and "Mogami River Boat Song," which is based on Japanese local songs.   

「最上川舟歌」の歌詞 Lyrics of "Mogami River Boat Song"

ヨーイサノマガショ エンヤコラマカセ(マガセ)
エーエンヤーエーエエンヤーエーエエ
エーエエンヤーエード
ヨーイサノマガショ エンヤコラマカセ

Yohi sa no magasho, Enya kora makase (Magase)
Eh Enyah Eh E Enyah Eh EE
Eh EEnyah Ehdo
Yohi sa no magasho, Enya kora makase

 

酒田さ行ぐさげ 達者(まめ)でろちゃ
ヨイトコラサノセー (Yoito korasano seh)
流行風邪(はやりかぜ)など ひかねよに
I'll row the botat through Sakata. Take care.
Be careful not to get the flu

 

股(まっかん)大根(だいご)の塩汁煮(しょっしるに)
塩(しんよ)しょっぱくて 喰らわんねっちゃ
Soup of forked rudish (representing double-timing)
is too salty to eat

 

碁点(ごでん) 隼(はやぶさ)ヤレ
三ケの瀬(みがのせ)も ヨイトコラサノセー (Yoito korasano seh)
達者(まめ)で下ったと 頼むぞえ

Tell her that I passed through "Goden hayabusa,"
the dangerous spot on the river without any trouble

 

あの女(へな)が居ねげりゃ
小鵜飼乗り(こうがいぬり)も
すねがったちゃ

If I she is not my girl,
i will not be ride such a tough boat

 

山背風(やませかぜ)だよ 諦めしゃんせ
ヨイトコラサノセー (Yoito korasano seh)
俺を恨むな 風恨め
Here comes the tailwind, time to go
I love to stay but give it up
Don't resent me, resent the wind

 

あの女(へな)ためだ
なんぼとっても 足(た)らんこたんだ

For my girl,
no matter how much I make, there's no enough money

 さやさんの詩

生まれてからどのくらい。
何もないところに全部があった。 森と共に命が生まれ、
言葉が生まれ、やがて思想が育つ。
本当の事しかなかった世界に、嘘が生まれた。

How long has it been since we were born?
Everything was there in the place there is nothing.
Lives emerged along with woods,
words were born, and then thoughts grew.
Lies were born in the world made of truths. 


海を渡り、文化を作り、 家族の無事と平穏を祈る。
言葉にならぬ祈りは歌となり、
歌にならぬものは楽器となった。
歌は生まれ消えていったが、 必要な時に伝道者は現れる。
We crossed the sea, create cultured, and prayed for the safety of our family and peace.
Prayer that could not be words became songs.
Prayer that could not be songs became musical instruments.
Songs has come and gone. When needed evangelists appear.


人生にはどうしようもない事がある。
誰もが最後の季節を迎えるが、
それでも生きている事は素晴らしい。
未来がないのなら、死後をそれって事にする。
受け継がれた最上川舟唄のように。
There are something you can't control.
Everyone reaches his or her last season,
but still, life is a beautiful thing.
If there is not future, the after life can be your future.
Just like Mogami River Boat Song, which has been succeeded.

生まれてからどのくらい。
何もなかったのに、死ぬのは怖い。
最後の1秒まであとどのくらい。How long has it past since I was born?
Although there was nothing first, I am afraid of death.
How much time is left till my last second?

言葉にならない歴史を歌う。
宇宙に記録された神々の詩を呼び戻すだけ。
We sing the history that cannot be words.
We just call back the gods' verses recorded in the space.

咲け。
生きる事は美しい。散る事もまた美しい。
また咲く。

You, bloom.
Living is beautiful. Falling is also beautiful.
You bloom again.

人生にはどうしようもない事がある。
もうすぐ迎える、最後の夏。
それでも生きている事は素晴らしい。
受け継いだ先、生まれ変わって答えを知る。

There are something you can't control.
The last summer for you is just ahead of you.
Still, I say, life is beautiful.
After succeed it, you'll know the answer after you are reborn.

逸材”朝倉さや”を世に出したsolaya氏の引退

朝倉さや 1992年6月29日生まれ、山形県出身。Saya Asakra, born on June 29, 1992 in Yamagata Prefecture.ひいおばあちゃんや、母が民謡が好きだった影響で
小学2年生から本格的に民謡を習い始め、
小学4年生から三味線も習い始める。
民謡日本一に2度輝き、18歳で上京。
Under the influence of her grand-grand ma and mother who love minyo,
Saya started to learn minyo when she was eight years old.
and started to practice the shamisen (a three-stringed Japanese banjo) when she was ten.
Won top at Japan's minyo contest twice.
Came to Tokyo when she was 18 years old.

2012年、Crystal KayやJUJU、東方神起、坂本真綾など
著名アーティストを手掛ける音楽プロデューサーsolayaと
出会い、オリジナル曲の制作を開始。
また動画サイトで名曲を民謡調•山形弁に
編曲しカバー、話題に。

In 2012, she met music producer solaya, who produces popular artist such as Crystal Key, JUJU, Tohoshinki, and Maaya Sakamoto.
Started to create her original songs.
Edited minyo, Yamagata accent covers of famous songs for YouTube, become a hot topic.

USEN ・iTunes ・Amazon ・
オリコン等の主要ランキングで1位を獲得。
「River Boat Song Future Trax 」では
新しい音楽ジャンルを完成させ 第57回
日本レコード大賞企画賞を受賞、インディーズ
からの同賞受賞は音楽業界初の快挙となった。 

Won the top in major Japanese music ranking including USEN, iTunes, Amazon, and Oricon.
With album "River Boat Song Future Trax," completion of a totally new music genre, saya and solaya won Japan Record Award (Planning) in 2015 for the first time as a indie label.

solaya氏は現在治療に専念するために音楽活動は行ってません。

Mr. solarya stopped his music prducion activities in order to focus on treatment.

まとめ Wrapping-up

「ゆく川の流れは絶えずして」ですが、日本最長の最上川が運ぶのは人、指し示すものはまさに人生…。船路の終わりを告げられた時に、わたしたちにできることとはなんでしょうか。

"The river never stops running, and the water is never the same as before. " is a line from "Tsurezuregusa" written by Kenko Yoshida. Mogami River, the longest river in Japan represents life. What do you do when you suddenly know that you have to leave the boat  at the next stop?  

 

 

関連過去記事(の一部)

 

---------------
tokyocabin