東京キヤビン-音楽エンタメ動画ブログ-オモシロと感動だけ。

音楽エンタメ動画ブログ-オモシロと感動だけ。

東京キャビン

ブログバトンがつなぐものは…?「隣組」Vs.「こどものせかい」

 

とん、とん、とんからりんと隣組~、のノリで「はてなのブログバトン」を、さあ、いってみよ~!

ブログバトンの歌(「隣組」の替え歌)

Pちゃんからバトンをいただいたので…とりあえず歌ってみました。

「隣組」…の曲というより、戦後生まれの皆さんにとっては「ドリフの大爆笑」の曲の方がなじみ深いかも知れません。

ドリフ大爆笑 OP曲 隣組 - 8Bit Style

https://youtu.be/GA7arlL--kM

ドリフ大爆笑 OP曲 隣組 - 8Bit Style
38,258 回視聴•2012/02/26
imorin1123 チャンネル登録者数 1150人

かっこいい、マジぼれアレンジ。この調子なら、もっとエグイアレンジも可能な気がするが、今のところこれが最前線です。

*なおドリフターズを知らない平成生まれ方は「ズンドコ節」から入ることをお薦めします。(注意:とくに根拠はない)

はてなのブログバトンの歌(詞:まほうのうどん)

作詞:まほうのうどん  

は・は・はてなの ブログバトン~
流行りの企画に 乗ってみた
だれかバトンを まわしてよ
まわすアポに 忘れるアポ

は・は・はてなの ブログでは~
つっこみ、もちあげ 歓迎よ
山ほどちょうだい カラースター
つけてあげたり もらったり

f:id:omhd:20200704163935p:plain

記念すべきtokyocabinの最初の記事

音楽無関係の読書感想でした。今でも本多静六は本田宗一郎と並ぶ、わたしのなかのスーパーHONDAである。

 一番気に入っている記事=常に最新記事

あんまり過去の自分興味ないんだよね…(反省五分)。人に会っても昔の話まずしないポリシー。だって…昔だから。

…と言いつつ1940年に内務省によって導入された隣組システムのテーマ曲「隣組」(おそらくプロデュースドby 電通)の替え歌を歌っているじゃないのよ!

チョーシのいい「隣組」という曲について

 とんとんとんからりんと隣組~

https://youtu.be/rBh4wUrjltM

とんとんとんからりんと隣組
630,837 回視聴•2006/10/16
koananmi
チャンネル登録者数 354人

作詞:岡本一平(著作権消滅)
作曲:飯田信夫(ビクター専属)

とんとん とんからりと 隣組
格子こうしを開ければ 顔馴染み
廻して頂戴ちょうだい 回覧板
知らせられたり 知らせたり

とんとん とんからりと 隣組
あれこれ面倒 味噌醤油
御飯の炊き方 垣根越し
教えられたり 教えたり

 隣組とは?

隣組(となりぐみ)は、概ね第二次世界大戦下の日本において[1]各集落に結成された官主導の銃後組織である。大政翼賛会の末端組織町内会の内部に形成され、戦争総動員体制を具体化したものの一つである。…思想統制や住民同士の相互監視の役目も担っていた。 

まさに「知らせられたり 知らせたり」…と言うのは、単に”醤油の配給の日にち”だけではなく、戦時下において”当局にとって「あんまりスキじゃない」”思想の持主を”チクる”ことも意味しているのでしょう。今の日本はこんなこと、ないですけど、政権にとって不愉快な思想の持ち主をチクる奨励は、他国では今なお”お盛ん”でございます。  

作詞の岡本一平は漫画家であり岡本太郎の父

1910年(明治43年)に東京美術学校西洋画撰科を卒業し[4]帝国劇場で舞台芸術の仕事に関わった後、夏目漱石から漫画の腕を買われて1912年(大正元年)に朝日新聞社に紹介されて入社し[5]、漫画記者となる[6]。

芸術家、っていうよりか、もろ漫画家なんですよね。それを見出した夏目漱石、流石!って感じです。

岡本一平4

岡本一平 自動車遊び/Web書画ミュージアム

こういった雰囲気ですかね。「黄桜」CMの小島功氏を思い出しましたって、小島氏が岡本一平の影響って話ですよね。

漫画の世界を広げた岡本一平

それも、世界に先駆けて以下を漫画に持ち込んだことで漫画の表現を広げ、漫画家のステイタスを築いたすごい人なんですよ! (いまだと文化勲章、さらにはアングレーム国際漫画祭でグランプリって感じですよね…)

  • 「起承転結」とストーリーのある「四コマ漫画」の発明
  • 映画の手法から「クローズ・アップ」を導入
  • 主観を表現する「視点の移動」
  • 背景全体を描く「俯瞰による描写」
  • 童話ではなく「子供向け漫画」を執筆
要は岡本一平がいなかったら荒木飛呂彦はいなかった…

https://youtu.be/dpQQqqoL-U8

Kira - Bites the Dust (JJBA Musical Leitmotif/MMV)
2,425,590 回視聴•2018/11/05に公開済み
S.S. Leitmotifs チャンネル登録者数 1.79万人 

このLeitmotifってJOJOでよく海外の人が作ってるんですが、なんのソフトなんでしょうか? たんなるAMVではなく、紙の味わいがいいですよね。ご存じの方教えてください。

そんな漫画家だからこそ、後のドリフやCMにつながる迷曲が書けたのでしょう。

ど・ど・ドリフの大爆笑~

ドリフの大爆笑'83 オープニング [一番長く使われたもの]
https://youtu.be/B6CBHkDuR7A

160,490 回視聴•2015/09/24
Graden Oona チャンネル登録者数 331人

サカナクション「新宝島」ドリフ風味

新宝島をドリフ大爆笑っぽくしてみた(再うp)
112,419 回視聴•2019/04/14
kazuho sindome チャンネル登録者数 469人

まあ、そもそもサカナクションの方が自らスクールメイツねたをやったわけであり、筋が通っていると言えば通っている作品。これ観ると、逆にドリフの絵でサカナクションが聴きたくなるのですが、それがあったら貼っておきます。自分で作る気はない。

そもそも広報ソングだったのでCMにぴったり!

め・め・メガネはよい眼鏡~(眼鏡ドラッグCM曲)

https://youtu.be/5dRiWcUy92k

1984 メガネドラッグ CM メン メン メガネの よいメガネ(歌詞 品質表示の よいメガネ バージョン) JAPAN。

と・と・トリスのハイボ~ル (サントリーCM)

https://youtu.be/aBDuexqpk0o

【おもしろCM】トリス・ハイボール 吉高由里子編
16,034 回視聴•2014/12/26
おもしろCM チャンネル登録者数 524人
メガネもトリスも言えるのは、「質素ながらノリがいい」ということですよね。「眼鏡ドラッグ」であって、「オリバーゴールドスミス」でなはく、サントリー「トリス」であって、「山崎」ではない。
まさに「隣組」のテイストを継承しております。

そおっと歌う…コトリンゴの世界

そんな「隣組」が神アニメと話題になった『この世界の片隅に』のあのコトリンゴが歌っている!ということで捜索したのですがYouTube上では見つかりませんでした。

戦中の呉(くれ)市が舞台のアニメ映画『この世界の片隅に』

https://youtu.be/WGL-9vZJdKU

この世界の片隅に
2017/05/10
YouTube ムービー チャンネル登録者数 1.15億人

とにかく、コトリンゴの歌が素晴らしい映画。「隣組」がないので代わりにこちらをピックしました。

名曲「こどものせかい」by コトリンゴ

https://youtu.be/a_AvrzAdX5M

この世界の片隅に こどものせかい inthisconeroftheworld
285,581 回視聴•2017/07/04
ring ring
チャンネル登録者数 438人

作詞作曲・歌 コトリンゴ

気まぐれ 神さま
遠い昔 あの場所に
流れ星 ひとつ 落とした
あれから随分 時は経ち

見渡す限りの
青い麦の海
君だけに 教えてあげる
たからもの の 隠し場所

蜩(ひぐらし)
雀に
女郎花(をみなえし)

淡色(うすいろ)
花闇(はなやみ)
紅絹(もみ)のあか

双六
草笛
瑠璃の玉(たま)

わたしのちいさな たからもの

明日また 笑って遊ぼう
待っているよ 海の底
誰も知らない ふたりだけの
ひみつの約束 こどものせかい

「蜩…」からのメロディが非常に美しく、めくるめくようにして心に入ってきてしまうコトリンゴの名曲。その”たからもの”のちいさな美しさによって、それと比肩する”ちいさな命”の美しさが哀しくも照らし出されます。

健気に勇ましい「とんからりん」の歌とは真逆の、イデオロギーとは(直接は)関係ない「にんげんのいのちの歌」です。

「隣組」が「こどものせかい」に???

・・・とか何とか言って、いま気づいたんですけど、太字の部分、「隣組」の節で歌うと、結構ピッタリ来ちゃうんですよね! もしかして、コトリンゴさんも影響を受けてしまったのかもしれんません?

蜩(ひぐらし)雀に 女郎花(をみなえし)~
淡色(うすいろ)花闇(はなやみ)紅絹(もみ)のあか~(あ、それ!)
双六 草笛 瑠璃の玉(たま)
わたしのちいさな たからもの!

考察

な・な・なんでだ この企画~
オワコン 死んだ と言われてる
はてなの 最期のあだ花か 
(いやいや)終わっているのは ヌシの記事
ちゃうど おわりと なーりーまーしーた~! (また来週!)

ブログバトンルールを変えるという大挙に出たおぴお氏に敬意を表し、「自己申告制、もしくはそれに準ずる制度、等」(役所風アレンジ)としたいと思いますので、バトンを受け取りたい方はコメントください。

コトリンゴの関連記事

---------------
tokyocabin