東京キヤビン-音楽エンタメ動画ブログ-オモシロと感動だけ。

音楽エンタメ動画ブログ-オモシロと感動だけ。

東京キャビン

池田エライザの声の秘密by CamCIEL &"Sweet Memories"; Analysis of Elaiza Ikeda's voice

  

前回の記事で紹介しました池田エライザ「異邦人」の歌声を、音に対する造詣の深い音楽家CamCIEL(カムシェル)氏が分析をしてくださいました。

池田エライザの声の周波数は「木の葉をかすれるそよ風」!

まず、問題のブツ…ではなく曲はこちらでございます。

問題の池田エライザ「異邦人」

https://youtu.be/hWgsvp3Gff8

異邦人covered by Elaiza Ikeda
510,732 回視聴•2018/12/28
secret goku チャンネル登録者数 1.11万人

 やっぱ、どう考えても上玉やね。

以下、カムシェルさんの分析です。

池田氏 の「異邦人」の声質、とても参考になりました。自分は歌詞が耳に入らない「音耳」ですが、私が音源を作る上で基準となる音響のサンプリング次第でだいぶ音作りの影響が変わります。今回の異邦人で歌われた周波数帯域2kHz~19kHz付近の空気感がちょうど木の葉をかすれるそよ風に酷似していたので、この周波数帯域をサンプリングして次回作の音を作り直しました。  
たしかに、ちょっと「ザラつき」感がある声なのですが、質量として非常に軽いので「木の葉をかすれるそよ風」なのでしょう。けっして、「みっしり」「むっちり」でもなく「つやつや」でもない。シフォンケーキ、的な軽さ。しかも、声の高さはミドルなので、高過ぎ軽過ぎ飛んで行ってしまうこともない。しかも、ピッチ・コントロール決まっており、「歌」としての表現力は当然女優級。つまりは”若くてきれいでかわいいけど、しっかりしてる女"って仕上がりで、女のわたしもあこがれてしまうかっこええ色気なのでございます。エライザの曲、もう一つ聴いてみましょう!

渋め新解釈。池田エライザの「SWEET MEMORIES」

https://youtu.be/k0PvLpsk-3I

池田エライザが歌う松田聖子の「SWEET MEMORIES」
117,160 回視聴•2020/04/20
Elaiza Channel チャンネル登録者数 1280人
このタイトル画の時点でやばいのですが、歌っている姿はさらに、エレキギターに超ミニです。しかし、そのルックスいささか決まり過ぎてるからやっぱ「色もの」ですね…っと一瞬甘く見る視聴者をこっぴどく裏切る名唱です。加えて、左奥で聴いている紳士二人は、作詞を担当した松本隆氏とエレカシ宮本浩次氏という奇跡的かつ虐待に近い状況。この娘、どんだけ力があるんでしょ。

本家・松田聖子「SWEET MEMORIES」の進化

「SWEET MEMORIES」は、作詞:松本隆、作曲編曲:大村雅朗による、バブル期1983年に発表された名バラード。この曲が歌えるようになったことにより松田聖子は「聖子ちゃん」を卒業したと言っても過言ではありません。(と言いつつ、その後もずっとBURIKKO「聖子ちゃん」に敢えてとどまる戦略を採り、それは今となっては還って評価の対象なのですが。)

1983年から2013年の時の経過、それが一番大きかったのはよく言われることですが、やはり女性の役割の変化でしょう。(1986年に男女雇用機会均等法が施行されました。)表向きは男性を立てる「ぶりっこ」という王道のスタイルを開発・完成・発展させつつも、プロ芸能人、そしてマザーでもある歌手として、着実に唯一無二のポジションを築き上げた松田聖子。この二つの歌を聴いても、彼女が歌の表現力で格段の進化を遂げたことが分かります。

1983年当時の「SWEET MEMORIES」

https://youtu.be/AzNq9K_NmG4

松田聖子 SWEET MEMORIES (これ意外に音がいいです)
1,568,549 回視聴•2016/12/22

山之内三丁目1983 チャンネル登録者数 1840人

デビュー40年周年記念の「SWEET MEMORIES」

https://youtu.be/nz-ZAXac5Fk

SWEET MEMORIES〜甘い記憶~ Music Video(YouTube Edit)
364,128 回視聴•2020/04/01
松田聖子オフィシャルYouTubeチャンネル
チャンネル登録者数 2.5万人

確実な成長を遂げております。その年齢にあった歌い方であり、聴く者の期待を裏切らない聴きごたえです。 将来美空ひばりみたいにAI化するのではないかと思われます。その際は、晴れて永遠の17歳、なのでしょう。ただし年齢を重ねないAIが”共感”を醸成できるかどうかは未知との遭遇です。

これはお宝!チャー with 山崎まさよし&斉藤和義 

LIVEChar 山崎まさよし 斉藤和義 Sweet Memories
6,266 回視聴•2016/07/22
tetsuhiro yoshida
チャンネル登録者数 2600人

なにこれ? まさかまさかの男性版、しかもこの二人って豪華過ぎ…結構スタイル違いますよね。でも…一緒に煮込むと独特の味で美味しいです。かなり味は濃い~目です。とくに山崎氏が。お客さま大変恐縮ですが当店では「ソース二度漬けは禁止」とさせていただいております。
すいません、ホストのギタリストCharさんを無視して大変失礼いたしました。一番自然に歌っていたがゆえに、濃い味ソースの二人に惑わされてしまいました。

曲の素晴らしさをあらためて堪能できるピアノソロ

Beegie Adair performs the Japanese pop classic, Sweet Memories
266,666 回視聴•2010/09/28
Green Hill Music チャンネル登録者数 2730人

曲として美しいですね…。ほんとうに、じんわり来る「めもりぃ♡」って感じです。

思ったとおりの音を求めて…

たしか20年以上前になりますが、可聴範囲上限の20kHz以上の周波数帯域がアルファ波を刺激るという千葉工業大学の大橋教授の学説を思い出しました。当時流行だった小室哲也氏が安室奈美恵に提供したYou're my sunshineという楽曲のイントロからフィルインでテンポアップする部分でもスペクトログラムで可視化してみた際、CDの音源にも関わらず20kHz~22kHzの高周波帯域で最大レベルの音圧が検知されていました

安室奈美恵 / 「You're my sunshine」 

https://youtu.be/7ZXMLh2LY_E
307,385 回視聴•2018/11/02
Namie Amuro チャンネル登録者数 49.8万人
非常に素直な好感の持てる曲です。小室哲哉作曲。コーラス(華原朋美参加)の「よう!」って掛け声が、なんかカワイイ。
1996年当時はHi寄りのハイパーソニックが流行していたと認識していますが、2000年半ば頃からサンプルビット数が細かくなり可聴範囲内の音域でも空気感を自然に再現できるようになったので、生楽器の演奏曲でもハイエンドのアンプを介さずとも鮮明に聞き取れるようになりました。
2014年頃から定着されたハイレゾ音源では新たな問題が浮上しつつありますが、サンプリング周波数が48kHzのDAT以上に高くなったことで録音する前の音よりも録音した後の音質の方が固くなり音像の横幅も狭くなってしまう現象が起きています。
同じ曲でも音源や再生法によって周波数が変わってくるのですね。…そこまで考えていないのですが、でもそういえば2000年あたりのCDはわりとキンキンしていたような気がします。それはハイパーディメンション、ではなく、ようはハイパー…なのですね?

自分が音源を作る上で気を付けていることは、録音前の音質から録音後に変化する音質を予測して、聴覚の錯覚と闘いながらできる限りイメージ通りの音源を提供しています。

 なるほど、最終的な音源を想定しながら調整する。音は微妙ですね。「おもてたのとちゃう!」では悲劇ですからね…。例えて言うなら、「新垣結衣っぽいヤツで」っとヘアスタイリストに頼んでも、ガッキーに慣れなかった時のショックでしょうか。(←それはソモソモ無理です)

ところで、α波音を重視し、シーンに合わせたBGM音楽動画を展開するカムシェル氏ですが、なんと5月31日リリースの動画はtokyocabinのリクエストにお応えいただいたものです!

24. 飽きないほど素晴らしいネタが泉のように浮かぶ曲

https://youtu.be/7gG7aCQg6N8

24. 飽きないほど素晴らしいネタが泉のように浮かぶ曲 Beautiful Relaxing Cafe & Gentle Piano BGM / CamCIEL
8 回視聴•2020/05/31 CamCIEL / Cafe piano BGM channel

この曲には、冒頭でカムシェル氏が触れられていた「異邦人で歌われた周波数帯域2kHz~19kHz付近の空気感」が使われているのですよ…。
どーですか! わたしには見えます。

光るホワイトボード、滑り飛ばすぜカラーペン
アジャイルでもスパイラルでも
くぐって見せるよう(Yo!)
(たとえカスケードの滝でも~♪)
メンタルマップ 激走いろは坂
煮詰まってる暇など無いぜ
中盤来たら付箋まとめて 深掘りピットイン
ブレイクした氷でドリンク旨し

という光景が!
カムシェルさん、ありがとうございました。この曲によって世界のネタの悩みが根絶されることでしょう(by 国境なき医師団)。
さて、上記の曲のBGMとしての特徴を理解するには、

こちらのBGMと比較するとよかですたい

https://youtu.be/qlraz8IIn_4

23. 耳元で奏でる超高音質の柔らかいピアノBGM 大きな音でも会話の妨げにならないα波音楽 Beautiful Relaxing Gentle Piano BGM / CamCIEL
14 回視聴•2020/05/30 CamCIEL / Cafe piano BGM channel

この曲の場合…黙ってたいんですよね。

ぅあ、だけどわたし…


しー、いいから黙って

っていうシチュエーションでしょうか。細かい設定は各自にお任せします。
あと、この曲、

飛行場の窓からの光の攻撃
ラウンジの銃眼で遮り
見慣れぬ文字が躍る新聞に
夢中になるフリをするをするのさ
(胸の弾丸跡を隠して)

といった際にも使いたいです。

最後に(歌詞についての考察)

聴いていて気持ちのいい音というのは理由があるのですね…。とうことは、聴いていて気持ちのいい「歌詞」にも理由があるかもしれません。最後に「歌詞」について。「Sweet Memories」は「懐かしい 痛みだわ」という最初の一行でもう松本隆大先生の一本勝ち!です。詩において”対義語を並列する技”です。
「なつかし~」と来て「会えたのね~」ではポジティブ+ポジティブで、ドラマが成立しません。

「なつかし~」にもかかわらず「痛みだわ」とポジティブ+ネガティブと来るため、聴き手は、「え?なぜ、なんで訳ありなの?」っとバラードのドラマツルギ―に入ってしまいます。
ということで、今回も歌という「素敵な痛み」をありがとうございました。

関連する過去記事

松田聖子や松本隆に関する鋭い洞察記事はこちらです☆
この記事に限らず、「アートと文藝」はおろか、音楽、社会、飲み屋、といろいろ切りまくりの文士のブログ。

 

---------------
tokyocabin