東京キャビン-オモシロと感動だけの音楽動画ブログ-

オモシロと感動だけの音楽動画ブログ。魅力をキャッチーに「タグ」付けする音楽のR不動産をめざしております。(注:別にマージンとかないですよ)

東京キャビン

"Yummy"ダンス集!赤ちゃんからショーン・ルー、ステファニーナまで

  

超おすすめ「ヤミー」動画集をアップしました

https://youtu.be/pBhTIFtkeHU

Justin Bieber - Yummy; Unique Dance Selection w/Original Animation ジャスティン・ビーバー「ヤミー」ユニーク・ダンス&オリジナルアニメ
116 回視聴•2020/01/28 tokyocabin

Editing by Mahonoudon   編集:まほうのうどん
Special thanks to animator Opio, Production BYODE
アニメーション:おぴお(プロダクション「秒で」)
(https://youtu.be/NjlcPhsUmWs)

Music:Justin Bieber - Yummy (https://youtu.be/8EJ3zbKTWQ8)
Music copyright: UMG, RBMG/Def Jam
音楽の権利:ジャスティン・ビーバー(UMG, RBMG/Def Jam)
(https://youtu.be/wVPO_JdbFzE)

Animation dancer: Mr. Hopper
ダンサー:ホッパーくん

Sources 使用動画:
0:05 LankyBox (https://youtu.be/9YsVd3fHwds)
アメリカの二人組による予算ゼロでの「ヤミー」パロディ
0:10 Fit Dance Swag (https://youtu.be/p4TRTVBP9XM)
簡単なのにかっこいいエクササイズ・ダンス
0:15 Baby's1st taste of ice cream-GMA (https://youtu.be/9ClrpO-r-LM)
産まれて初めてのアイスクリームに夢中になる赤ちゃん
0:19 Caleb Marshall (https://youtu.be/Fial2WIIUnc)
「お腹すかない?」とか言いつつ踊るのカレブ・マーシャル
0:33 Tileh Pacbro (https://youtu.be/SBLCU3ATem8)
ケニアのストリート・ダンス・チームの余裕あふれるステップ
0:41 Yudi Tamashiro (https://youtu.be/COi4KpRci_8)
サンパウロのユニーク・ダンサー、ユディ・タマシロ
0:49 Kyle Hanagami -  Sean Lew & Bailey Sok (https://youtu.be/ARvcp8pGoY0)
人気者ショーン・ルー&ベイリー・ソクと(カイル・ハナガミの振付)
1:00 3-year-o Zhang Junhao (https://youtu.be/9NUUGVP_o1M)
踊る3歳児・張俊豪(実際は違う曲のアフレコ) 
1:07 Matt Steffanina & Tati McQuay (https://youtu.be/mZRoEeeJE-A)
超人気振付のマット・ステファニーナ&タティ・マッケイ
1:16 Lammy (https://youtu.be/RIRsKbAaul8)
マインクラフト版ヤミー?
1:22 Megan Da Stallion (https://youtu.be/aLDSpK-TMHE)
料理しながら「ヤミー」ダンス。スローの勝利
1:26 Kyle Hanagami - Madison Cubbage
優雅なマディソン・キャベジ(カイル・ハナガミの振付)
1:36 The ONeill Twins (https://youtu.be/vkbMRkdEviM)
ニュージーランドのダンス・チーム。ロケがいい
1:45 Lype Nbreezy (https://youtu.be/AcOsKwtd75I)
ブラジルのダンサー。世界一速く「ヤミー」ダンスをアップ

 

ダンス集を作ってみてわかったこと

一つの動画は10秒以内でないとテンポが悪くなる

「ヤミー」ダンスいっぱいあって、あれ?あれは入ってないの?って意見もあるでしょう。はい、入ってないんですよ。あくまでtokyocabinがいい感じ!と思えるものだけをチョイスしてあります。あと、一つの動画は10秒以下です。最初長くしてたんだけど、不思議なもんで、例えばショーン・ルーとか彼のダンスをまるまる観る分には長くないとイヤなんだけど、こうやってダンス集(compilationといい、人気のある動画ジャンル)にすると、15秒も入れると「長い」と飽きてしまう。動画集の場合、次の動画への切り替えのテンポによってリズムが形成されているから、そこが長いと見ていてノれないからストレスなんだね、ってやってみてわかりました。もちろん長いのを繋げるタイプの動画集もありますが、今回は一つの曲をリレー式に繋げるタイプなので切り替えの早さが大事。課題としては、切り替えの技(トランジション・テクニック)が無いため、ほんとただ繋いだだけという点です。まあ、コンピレーションはそこまでこらない人も多いけど、いずれは会得したい技術です。

オリジナルMVのさりげない技の連発

そういう目で観ると、JBのオリジナルのMVは、非常に切り替えが多くて飽きさせないし、スピード感がある。普通に撮ったままだと、とくに最初のレストランのシーンは椅子に座ってるから動きが出にくいよね。だからカメラワークを工夫している。
後半のテーブルダンスのところも色調を変えたり、パパラッチのフラッシュ風な光を入れたりダンスそのものはわりかし地味だけど、とても盛り上がる。
注目すべきは、技の数々をいかにも「エフェクトでっせ」って感じで大仰にさせないで、さりげなく並べていく点。にくい。これだとエフェクトと気づかない。それがかえっておされである。

観たいものだけまとめたチャンネルをつくりたい

前回の「ホッパーくん」アニメの ”すわ世界中でブロック” 事件から、あらためて米国動画のダンス重視姿勢を感じたtokyocabinですが…そもそも当ブログは非常にダンス重視姿勢だったのです! ダンスの”楽しさ”にフィーチャーしつつも、(テクニカルなことでなしに。そもそも、筆者自身、テクニックが語れるほどダンスを知らないし、読んでも解らないというレベル。ただ、楽しみたいハートは人一倍)他のジャンル(もちろん音楽、アニメ、ゲーム、ミームなどなど)も横幅に網羅しつつ紹介できるメディアってないから自分で書こう、というスタンスなので。

そんなわたしが、実際に何回も動画を見て、比べて、ふわっと踊ってみたりして、こりゃあ、楽しい!と選んだものをこのブログに載せております。で、
「動画→ブログに載せる」よりも、
「動画→動画でまとめる」の方が話が早いじゃん!
と常々思っておりました。

これに関しては、いろいろクリアしなければならない点がありました。

1.設備

動画をまとめるにはそれなりの準備が必要です。このたび、おかげさまで少しずつたまったアフィリ収入でもって資本投資!というわけで、21.5インチのHP All-in-One 22-c0016jp ベーシックを導入しました。これに、今まで使っていたクローム・ブックもサブ機として活用すると画面操作性という点では文句ありません。

機材で動かすソフトはAdobe After Effectsです。動画編集ソフトはフリーのものを主体にいろいろ探っておりましたが、やはり王道Adobを覚えたいと思い、キャンペーンを利用し申し込みました。
ただ、After Effectsをサクサク動かすには、上記HP機では正直メモリーがきびしい。サクサクではなく、もっさりギリギリで運用しております。サクサクとするには投資が10万円越えになってしまうので、それは未来の楽しみとしておきます。でも、もっさりでもいいんです! だって、After Effects超絶楽しいから!

このあたりのことはこちらの記事に詳しいです。

2.動画の権利関係

YouTubeに上がっているダンス動画をまとめるにはどのような権利上の許可が必要か?これについては…じつは諸説あります。

超厳しい派の主張:

  • ダウンロード自体違法。
  • 許可は絶対あらかじめすべての権利者から取らなければダメ。
  • 違反には法的処分が下りる。

いわゆる”権利の専門家”の方の意見はこうです。正直こういっておけば、つっこまれませんからね。で、最終的には「非常に複雑なので、ケースバイケース。詳しくは専門家に相談しよう。(1時間XX万円)」…という商法です。

ただ…これ言っていたら…この世に新しいものは生まれません。言うまでもなく、インターネットそのものが「グレーゾーンという名の揺りかご(インキュベーション)」であり、実験場。そういったところから、AMVとかLo-Fi Hip HopとかMemeとか、「踊ってみた」とか「替え歌」とかが産まれてくるわけです。ダンス動画なんてまさにこの領域です。
また、国境を越えたYouTubeの世界では、法律も権利も異なるのであまりにしゃくし定規に考えると身動きが全くできなくなります。また、その法律や権利そのものも変わってきています。

現実主義の主張:

  • ダウンロードは可能。
  • クレジットは必ず入れる(ただ、あらかじめ許可となると権利者の負担が大きい=いちいち世界中に対しての対応は不可能な場合が多い)
  • 権利者が拒否しないならOK(コンテンツIDに登録されていれば瞬時に対応される)

 YouTubeの建前としては無断DL禁止だけど、ぶっちゃけこれ言ったらコンテンツが成り立たない現実もあり、本音と建て前があるとみています。
クレジットは入れるべきでしょう。ただ、以前私はあらかじめ許可を得てから利用しないと失礼ではないか?と前述「超厳しい派」の考えに従っていたのですが、正直コメントみるほど皆暇じゃない人が多いので、いつまでたってもなしのつぶてだし、許可を強いるのは相手にとって負担という考えを知り、なるほどと思いました。なので、クレジットを入れておいて相手から反応があったときに対応、というのが現実的でしょう。
(ただし、繰り返しになりますが、”法的に”正しいか?と言われれば正しくないです。わたしが法律専門家なら、とんでもない!というでしょう。)
コンテンツIDに登録されているコンテンツであれば、権利者の立場は動画アップ時に分かるので、非常に便利です。これについては前回の記事を参照ください。

ただ、このコンテンツIDも絶対ではありません。その例がたすくこま氏の削除の件かと思われます。許可と言ってもYouTube上のIDの許可であり、さらにほかの観点が入ることも十分予想されるのです。(とくにあなたが80万人をこえる登録者数のチャンネルオーナーともなれば。)

3.天才アニメーター

最後になりましたが、ダンス動画にビジュアル面で求心力を与えてくれるアニメが描ける天才のおかげで今回の動画が完成しました。心より感謝申し上げます。
天才によるアニメメイキングはこちらに記されております。

だってさー、ホッパー君いなかったら、つまんないよやっぱ。ダンス集における、いわばMC的な立場? ということで、MC Dancer Hopperくんの活躍を期待したい☆ ホッパー君のステップもオピオ氏のアニメ作成の慣れに従って増えるだろうけど、わたしも動画編集のエフェクト数爆上げして、1年後は中級以上ができる人を目指すもんね~!

次回は、破れやすい黄色い壁の手前で待つ!(業務連絡)

結論

 

自分で好きな動画集を作ってみて、余計音楽とダンスが好きになりました。After Effects精進したいです。

関連記事

---------------
tokyocabin