東京キャビン-音楽とダンスのおもしろ動画-

オモシロと感動だけ!「ちょっといい気分になれる」音楽とダンスのおもしろ動画を独自視点で紹介するブログです。

東京キャビン

スケボーにもステキな音楽にも浸りたいあなたにadidas Skateboarding

  

スケボーのことはよくわからないがかっけえと思う。スピード、即興性、スタイル、街や人とのコラボ…んんん~?! スケボーって音楽と同じだったんか! ということで、スケーティングはもちろん、音楽もかっこいい動画を捜索。

ディエゴ・ナヘラ-Brenton Wood "Baby You Got It"

ADELANTE /// A DIEGO NÁJERA PART - YouTube
adidas Skateboarding
2018/04/25 に公開

最初の朝焼けなの?(んなわけねーよね)って感じの白っぽい画面が雰囲気ある。これ、なにげに素敵な映像テク(魔法)ですよね。その後右から偶然を装い(装わねーよ)スパーッと入ってくる自然さがステキ。全体に朝の感じがあって(朝は人も少ないからストリート動画が撮りやすいのでしょう)観てて清々しい。
曲がまたいいね。一気にLAスケーター・ワールドに引き込む力を持っている。60年代にロスを中心に活躍したソウル・シンガー=ブレントン・ウッドの”Baby You Got It"という曲です。ライトでメロウなノリがとってもいい。なんかフレッシュ・オレンジジュース感がある。まぶぅすいいい。この曲で動画を見ると、スケボーってグルーブそのものなんだなと。まじ、「街をリクリエイト」いや「リミックス」してる。 

ブレントン・ウッドGimme Little Sign も素敵

Brenton Wood ~ Gimme Little Sign (HQ) - YouTube
Carl's Old Record Club
2013/09/02 に公開
60年代後半の音楽っておされだなと思う今日このごろ。しかしこの曲…マチャアキの曲にもしかして似てる??(もちろんその場合当然こちらが影響元でしょう。)
まあ、そんなことより、わたしはこのブレントン・ウッドの曲を朝のスケーティングに当て込んだ動画製作者のセンスに敬意を評したい、ただそれだけです。
しつこいが、では、ではだよ、マチャアキの曲で朝の横浜を滑るという動画も良いんじゃないの? 横浜を滑る場所たくさんありそうだよ。

次、

2曲めのBlack Moon - "Buck Em Down"はずばりラップで、もっと”奥”というか、「さ、そろそろ本気出すか」モードです。カメラも超広角&ローアングルに変わっています。技の名前わかんないけど、ジャンプしながらボード回すとかスローで撮ってるし難易度高いんでしょうね(当たり前だろ)。最後に夕暮れの海沿いで、「今日も滑り倒した〜!」って感じで寝っ転がるとこがいい。

Black Moonは90年代伝説のラッパーグループ

Black Moon - I Got Cha Opin (Remix) - YouTube
NervousRecordsNYC
2013/02/28 に公開

一昔前のグループとのことですが、音の処理が洗練されてていいなぁと思いました。

ディエゴ・ナヘラというスケーター

このひと注目なんだね。へー。「強靭なポップで繰り出すテクニカルトリック」とか「ファッションのこだわり:つねにフライ。」とか、言っている意味がわかんないプロフェールだけど、スケボーの世界の語彙なのかな。ふぉえええって感じ。

東京で滑っていたディエゴ・ナヘラ

RŌZU /// adidas Skateboarding in Japan - YouTube

 adidas Skateboarding
2017/12/08 に公開

日本で滑るというのはスケボー技術とは違う意味でハードルが高いです。前回も書きましたがそもそも取締が厳しくて、この動画でもやたら警備員が登場しますから。その”違法”な感じも一つの味とした動画ではないでしょうか。技で驚いたのは5:20で、自分は金属の柵の上を飛び越えつつ、ボードは柵のその下の部分をくぐらせていたとこ! 偶然なの?なんなの? いや、だからなんなんだっていやーそれまでだけどさ、そういうとこが馬鹿(←当ブログにおいて最高位の賛辞)というかイイよね。少なくともわたしはそう思って観ております。最初の曲がコーネリアスの“Mic Check”っていうのも良かったです。

 結論

スケボー動画のイメージって、ロックやラップのイメージだったけど、adidas Skateboardingはさわやか系。日曜の朝にもピッタリ。

関連動画

---------------
tokyocabin