東京キャビン-音楽とダンスのおもしろ動画-

オモシロと感動だけ!「ちょっといい気分になれる」音楽とダンスのおもしろ動画を独自視点で紹介するブログです。

東京キャビン

はてな歌詞掲載が可能になった記念group_inou-EYE全部貼ってみたあ!

 

昨日、はてなブログが「お前らJASRAC管理楽曲の歌詞貼っていいよ」と発表しました。おせーが、まあええ。

はてなブログによるJASRAC管理楽曲の件の公式発表

staff.hatenablog.com

というわけで、今後「ご自身の言葉で心のこもった記事を投稿されたユーザー様」は、「楽曲の歌詞に対し感想を述べ紹介したり、歌詞で自身の心情を表したり、あるいはライブのレポートとして歌詞の一部を紹介する記事」を遠慮なく書けるわけです。

ただし、以下はアウトです。

1) 商用目的のブログへの掲載、利用
2) 著作者に無断での改変(替え歌など)や翻訳といった、著作者人格権を侵害する態様での利用
3) 転載された歌詞を主体として構成されているブログ、歌詞集、歌詞検索サイトとしての利用
4) 一旦はてなブログに掲載した歌詞を、さらにはてなブログ外のサービスに転載しての利用

1)商用目的ブログってのは商用を”目的”としているブログであって、当ブログは感動を目的としているので該当しません。アフィリエイトは貼ってるけど、それ目的ではなくて、ほぼネタなんで。

2)改変・翻訳で、”著者人格権”を侵害する場合はだめ。ここが”著作権”となっておらず”著者人格権”となっている点に注目。”著者人格権”ってなに?

著作者人格権 (ちょさくしゃじんかくけん、英語: Moral rights) とは著作権の一部であり、著作物の創作者である著作者が精神的に傷つけられないよう保護する権利の総称である。

著作者人格権 - Wikipedia

傷つける類じゃ駄目ということだね。わーた。

3)歌詞をメインにするなよと。うん。

4)はまあいいや。

以上で〜す。 

でも、自分について言うと、著作権法第32条でいうところの、「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」のつもりなんだが。で、今後も当ブログはそのスタンスで行きます。まあ、このあたり、解釈の違いでグレーだけど。それも含めて、今回のニュースは朗報とす。

せっかくだから歌詞を貼りつつgroup_inou / EYEを批評

group_inou / EYE - YouTube
galtv
2015/06/29 に公開

内容は以下の記事とわりと同じです。


メロディ【Aの変化形で押し通す】

速さ【BPM150】とフューチャーベース以上、速い!動画3.5分以内に早く回らないと終わっちゃうからね。というわけで、とにかくこのGoogle ストリートビューを使った動画に気が行ってしまうMVで、また、ある種の人は、「ああ、コマ撮りね〜、よくあるある」って感じで素通りする、はい、これわたしだったんだけど、ちょまち! これ、単なる「コマ撮りで世界を旅したよ」って言うにはぶっ飛びすぎてる。壊れ方が徹底してて。とにかく違和感が尋常ではない。この二人ネルシャツなんか着てさー、その実ノームっぽく見せかけた、やばいアバンギャルドなのよ。

日本語の限界ギリギリにある歌詞を貼ってみた 

(色付き文字と歌詞は追加部分)

企む 退く 捨て石
捨て石 いやだ

竜巻 旋風 あぁ めまい
かなり 回転 飛ばしてる 大都会
視界 一見止まってるようじゃない?
転ぶ すってんころりよ

ガツガツ 食いなさい
受刑 救い無い日 
態度 見得張る 気失う
ミッドナイトにとちる バランスです

バックドラフト 火災恐いし
ちゃんとバラエティ 交わる
真面目にまつわる 気分ナイス
火は落ちないパーティーナイト

プライスレス 値段死んだ

そそる そそる そそる そそる
そこは 静かな 視覚の 奥の話

桜の木を切る
企む 退く 捨石

ヒット&アウェイ 缶詰
美味しい感じ まるで 汝 射止める
噛み合う お世辞ある すったもんだ
一杯のメダル 気になる 金以外

プライスレス 値段死んだ
価値観が腐ってる証拠です

そそる そそる そそる そそる
そこは 静かな 視覚の 奥の話

見してよ 大切な人を
いつかは きっと
雄しべ 雌しべ 発明家
炎天下 暗い電飾

戸締り けったいな ガス爆発です
完全ノーリアクションだね
ぼーっとしている

できない気がしていた
できると思っていた

ほんっと、素晴らしい過ぎるはこれ。

赤い部分は重要な部分ではなく、早口だから一気に歌うべく集中練習が必要な部分です。ここさえきちんと(?)歌えれば、あとは余力。そして、最後の「思っていたあ!を叫べばOKのはず。今度友達とカラオケ行くことになって(MAN WITH A MISSIONのファン)、わたしはコレを練習しているのです。これをとりあえず歌える自分はつくづく日本語ネイティブだと感心しました。ちなみにエド・シーランの"Shape of You”とか、いまだにまともに歌えません。

 

とにかく、日本語ではあるんだけど、普通の繋げ方ではないので、予測がつきにくい。だから「ぼっとしている」わけにはぜんぜん行かない。あまりにも尖った歌詞なので全部ゴシックにしちゃうもんね。

メインのフレーズ、

Db 企む 退く Eb 捨て石
Cm 企む Fm退く Ab捨て石

って、

「フラム・セゾン・Stacy〜」に聴こえました。

サビの部分、

Db ふぁああ、Fmプライスレス 
Db 値段Eb 死んだ Fm うぉおおおお

は実にかっこいいね!

 

コードで頻出するのは Db, Eb, Fm。これブルースで使うらしい。下記のトラックの感じ。

guitar backing track Slow Blues - Key of Fm - chords: Fm Db Eb - YouTube
Backing Track Guitar
2016/01/31 に公開

ブルースってグルーブ感がいいね。たしかに、EYEって、ブルースでしかも英語で歌っても行けるんじゃないかな?「ガツガツくいなさ〜い」とかブルースでエエやんと本気で思います。誰かそのうちやるかもね。

決め台詞、「思っていたあ!」は、I thought I could!だけど、ここは一つ日本語で、「思っていたあ!でしょう。

 ちなみに

価値観が腐ってる証拠です

は、

「バチカンが腐ってる証拠です」にずっと聴こえてました。(別にバチカンに恨みはございません。)

 

でも考えると、子供の頃知らない言葉が多かったせいか、大人の話って、こんな風に聴こえなかった? あとは外国語として聴く日本語って感じ? とにかく新鮮。

リリックは、気を抜くと、着回しのできるフレーズをシャッフルしたの?って感じになりがち。ちょっと前だと多かったのは、「地球」と描いて「ほし」とか、「現代」とかいて「いま」とか、「キミを守りたい」とか「壊してよ」とか、かな? こういうフレーズにもトレンドがあって、少しずつ変わっていきますよね。ユニクロのパーカーのリニューアルみたく。マーケティング的には正解かもしれないけど…。わたしは単に面白がりたいだけなんでさぁ。

だからこそ、これ聴いていい仕事してまんな〜、「ヒット&アゥエイ 缶詰い」って嬉しくなりました。

一見めちゃくちゃなようで、よく聴くとちゃんと感情の波をおさえたドラマツルギーがあります。ってどんな風にこの詞を書いたかは調べてないし、その気もないよ。

歌詞の印象の流れの説明(完全自己解釈)

トンガリ山へ出発!(捨て石、いやだ〜)


元気に盛り上がる(ガツガツ食いなさい)


さらにヒートアップ(ふぁああ、プラスレス、そそるそそる)

ちょっとオセンチになってみる(桜の木を切る…)

もどして(「ヒット&アゥエイ 缶詰い←かなり気に入っている言葉)

いちばん色っペイ部分で油断させる(見してよ大切な人を 雄しべい雌しべい)

弱く見せかけて(できない気がしていた…できるっと)

裏切りレベルの激しさで決める(思ていたあ!)

戸締り けったいな ガス爆発です
完全ノーリアクションだね
ぼーっとしている

できない気がしていた
できると思っていたあ!

今まで聴いた日本語ラップの中で一番アピールあるかなこれ。かなりよ。もー、ほんと、ぼっとしている。

そんなgroup_inou、ただいま、おやすみ中…。

どこで何をしているにせよ、面白いことを考えているには違いない。前衛じゃけん。

結論

しっかし名曲だよね。いっちょ歌うぜ!!

---------------
tokyocabin