東京キャビン-音楽系おもしろ動画-

オモシロと感動だけ!「ちょっといい気分になれる」音楽系おもしろ動画

東京キャビン

七尾旅人のノリノリ☆ポップな歌ベスト3 / Tavito Nanao's Top 3 Pop Tunes!--TELE〇POTION, DAVID BOWIE, Rollin' Rollin'

前回は「秒で一生分を変える」男、七尾旅人を、わりとマジに紹介しておりましたが…結構ノリノリでポップな歌もやってらっしゃるという、またまた別の引き出しを引っ張り出してみることにしました。ほんとこの人って、なんでこんないろんなこと出来るんでしょうか?(嬉し泣き)

 

 目次:

 

第3位:"DAVID BOWIE ON THE MOON"

七尾旅人 / TAVITO NANAO "DAVID BOWIE ON THE MOON" (Music Video Edit) - YouTube
felicity official
2018/12/23 に公開

ちょっと待て?! デヴィッド・ボウイ風のメイクで通り過ぎたあなたは、ひょっとして七尾旅人?? って、驚くじゃないのよ! 

この曲は、七尾旅人が少年時代からずっとファンであった、デヴィッド・ボウイの訃報の翌日に作曲された。
青い星を後にしたボウイと、正体不明の何者かによる、宇宙空間での密やかなやり取りを描く、SF的な壮大さと孤絶感をたたえたラブソング。

そだったのね?? わたしあんまりデヴィッド・ボウイ詳しくないんだけど、なんつか意外ってことでええのん? やっぱりね~!って思われた方、あなたには負けたわ。旅人譲る、ってわたしのものではないのですが。

デヴィッド・ボウイのミレニアル世代の影響を感じたのは、この香港映画観た時です。

 The Midnight After Official Trailer 1 (2016) - You-Nam Wong

The Midnight After Official Trailer 1 (2016) - You-Nam Wong, Janice Man Movie HD - YouTube
Movieclips Indie
2016/06/21 に公開

中国返還(1984年)以来、次第に大陸に吸収されていくことを意識せざるを得ない香港の現実("trapped"なフィーリング)が、名曲「Space Oddity」と重ね合わせられています。香港のベストセラー小説が原作と聞き期待したのですが、肝心の映画の作りとしては今ひとつでした。もしかして(自己)検閲のせいかもしれませんが。 

で、歌に戻りましょう。アイメイクしたナナオが中田ヤスタカばりにエフェクトかけた歌声で歌ってくれるのが、どーーーかな〜〜〜、ううううん、わたしは、ギター一本で犬にかじりついてるほうが好きかな…、ごめんなさい!

第2位:七尾旅人×やけのはら - Rollin' Rollin' 

七尾旅人×やけのはら - Rollin' Rollin' - YouTube
P-VINE, Inc.
2009/09/14 に公開

DJラップが入ってるということによって、どうしてもオザケン&スチャダラの「今夜はブギーバック」(1994年)と比較して語られてしまう。わかるんだが、「だがしかし、だがしかしだがしかし♪」(うまい棒公式ソングより)、それさ、いったん置いとかないか?? よく言うじゃん、コップの水捨てないと、水入れられないって。新しい革袋には新しいチリワイン入れろとかさ。

で、わたしはただナナオ(呼び捨てゴメン、そんな気分なんで)とぐるぐると回り続けてたいわけよ。「このグルーヴを捕まえて」X4なんですよ。これね〜、やっぱ「甘いあまいミルク・アンド・ハーニー」と比べられないわけよ。なんつかー、透明感? し~するー感があるよね。ほら、透明な紅茶とかあるじゃん、あんな感じ?それでいいでしょ。2009年はこれで!って、すでに10年前なんですがね。しかも令和だしさ。十周遅れで、「このグルーヴを捕まえて」X4なんですけど。いいよ、ナナオとぐるぐると回ってるから。いや「やけのはら」とではなくね、ナナオとよ。 

第1位:TELE〇POTION (Tokyocabin's chice)

七尾旅人(TAVITO NANAO) "TELE〇POTION" (Official Music Video) - YouTube
elicity official
2018/12/23 に公開

いきなりのロック調なんで、大丈夫か?っと焦る曲ですが。安心してね、ソフトな歌といい、じわじわ来るドリーマー的メッセージは

あいかわらず七尾旅人なんで、大丈夫っす。

抱きしめたいけど 届かない

意外と安全圏にとどまってる男だなあ「っと考えたりして♪」。いや、だって遠距離愛の話だからさーこれ。

Tokyoから地方へのメッセージですが、念のため、これ犬向けの歌じゃないよね。人間用だよね。前回紹介した七尾さんの「犬のためのコンサート」の「犬向けコメント」がとっても濃厚だったんで、確認しちゃうよ。

にしても、なんといってもコラボしているアニメの完成度がいいやね。一瞬AC部?と思いましたが、「ひらのりょう」っていう「ふかわりょう」とひらがなの字面がにている方の作品です。

七尾はん、いい方達とおしごとしてまんなあ!...とおもって、ひらのりょうを検索したら、こんなんでてきました…、「でてきてしまったんだあああ!」(EVE風にシャウト)

おまけ:「検索少年」のMVは微妙…

七尾旅人 「検索少年」 MV - YouTube
ryo hirano
2010/07/29 に公開

注意:主演男性はナナオ・タヴィトではごじゃりません。し・か・も、よりによって、この登場の仕方。ああああ、光る傘持ったり、やグルグル回ってくれていたドリーミーなナナオはどこに行ったの?! この動画、ナナオの歌だけ聴くと夢があって好きなんだけど、どうしても実写が可愛くなくて(正直キモい)「好きになれなかったんだ〜♪」という。

命ばっかり / ぬゆり(cover) - Eve
E ve
2017/10/01 に公開

ほんと、「検索少年」MVはもったいない。いや、絵自体は結構面白いんだけど、女子受けって観点では失敗率200%だからね。でも、なんかこゆうのもやっちゃう(やらせちゃう)とこがナナオっちゃ、ナナオだな。とにかくドラえもんのポケット並みに底が見えない懐の広さである。

 

追記

よくよく見ると、「TELE〇POTION」と「検索少年」ってすごいコンセプト似てますね。だから、両方ひらのりょうのMVってのは分かる、というかこの2つのMV、作り同じだよね。一言でいうと「妄想旅行」という。まあ、わたしのブログも「妄想旅行」以外の何物でもありませんが。

まだまだ続けようと思ったよ
書いてることは一緒なんだよね
一緒なものを恰(あたか)も
同じではないって言ったような感じで
どんどんと進んで行きたい
どんどんと進んで行きたい

OPNo. 28 「十二の冒険を終えた勇者ここにネムる」

 

以上、七尾旅人のポップな歌ベスト3でした!

---------------
tokyocabin