tokyocabin 東京キャビン, music video press (based on my personal interest)

音楽ビデオ・ダンス・アニメ・ゲーム&ネコなど、おもしろ動画の研究・批評ブログ

東京キャビン

「Blizzard」ドラゴンボール超ブロリー映画版MVと三浦大知の教え☆/ Dragon Ball Super: Broly-Daichi Miura AMV

氷河をも溶かす三浦大知「Blizzard」主題歌MVの衝撃!

4日間で100万再生を突破し、(彼の中では)史上最速の勢いだそうです!


today's pick
主題歌「Blizzard」映画版MV解禁

さすが、公式AMVだけあって、アニメーションの中でのエモーションを揺さぶるモーションのタイミングがしっかりしているので、観るものは安心してデノテーションさらにはコノテーションの醍醐味を味わえるサティスファクション! 何言うてまんねん、こいつ?と思われた方は、こちらをどぞ!

きみにーしかーない みらいへーーぇえええええ
のところでの「限界突破”感”」がポイント!

 

特別賞:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーby Smile Edit

【AMV】Avengers Infinity War || Blizzard (Daichi Miura) - YouTube

カンペキとは言えないまでもモーションとエモーションの一致が高いので優秀な作品。公式でないブロリー作品でもこのレベルがたくさん出揃うともっと選びがいがある。のだが、本編のビデオがまだでてないため動画素材が全然足りないのが事実。映画発表後に期待です。

 

三浦大知の教えの数々☆

予想を上回る主題歌を放った三浦大知さん。このインタビューでも歌詞にかけた思いなどいろいろ語られていてますが、非常に含蓄が深いです。

三浦大知といえばなんといってもFolderの「パラシューター」なのです。それについてはすでに11月の段階でカンペキな記事がリリースされていますのでそちらをどうぞ!!

その後変声期を迎えた彼にとって、今はまさに5年間の充電を経ての再出発、文字通り「覚醒」の時なんですね。

5年間の充電期間を経てソロとして再スタートする前に、一度試しにライブをやってみようとなって。5年間表に出ていない状態からいきなりポッと小さなライブハウスに立ったのですが、そのときに「おかえり」と言ってくれた人がいたんです。

ライブ動画の微笑ましい一幕

【和製MJ】三浦大知がまさかの・・・! - YouTube

これなんか、小規模っぽいので覚醒初期のころの動画でしょうか? いきなりの失敗の照れ隠しが…いいねんて! このどうがでころといてもうてもせきにんはとりまへんで。

 

ダンスが好きなtokyocabinとしてはピポパと来たのはこちらです。

ダンスはアスリート的な要素もあるので、今のパフォーマンスを60歳のときに発揮するのは難しいと思います。でも、キレが良い=「いいダンス」というわけではなくて、年を重ねたからこそ出せるグルーヴ感みたいなのもあるじゃないですか。カッコよさには種類があるので、ちゃんと自分と向き合ったパフォーマンスができていれば、踊ることも死ぬまで楽しめるんじゃないのかなと思います。

さすが大知さん、わかってらっしゃるでないの! そう、彼のフリースタイルなダンスって、多くのシンガーたちがやってるコレオグラフィー(振付)であてられた動きとは異なるものを感じていました。それは自分ならではのノリ=グルーブ感があるからなんですね。キレや速さとは次元の異なる一種の旨味と言うかコクというか。今後どう熟成していくか楽しみなパフォーマーであります。

他にも、インターネットの時代はもはや”海外進出”ではないとか、日本の楽曲はちゃんと“日本語の歌詞の歌”として聴かれるべき、といった言葉が心に響きました。日本人も英語でうたわなきゃだめだとか、ダンスやプロモーション動画も欧米スタイルにすべきではないかという意見もありますが、本当に訴えたいことが伝わる方法はそれがベストなのか?と考えさせられることがあるんですよね。ボカロやアニメMVで日本語の楽曲を発表している人たちの作品に心底共感し応援してくれている海外の人たちのコメントを読むと、国際化?てなに?と思います。むしろ身近な正直な心象を日本語で歌った歌が世界に響いてしまうのが今ではないでしょうか。70−80年代の日本の曲をアニメとともにLo-fi化して楽しむ「シティポップブーム」にもそれを感じます。

僕たちは普段、あらゆる情報にがんじがらめにされながら、まるで氷塊のなかで固まっているように生きている。だけど、本当は映画に出てくる悟空やブロリーのように氷(自分の殻)を割って何かを超えていきたいと思っている。そんな風に、“本当の自分になるために”という現代を生きる人たちを突き動かす原動力的な部分に意識を向けて書きました。

これって、ブログを書いてるわたしたちには非常に思い当たる言葉ですよね。じゃあ、”本当の自分になるために”どすればいーの??

“楽しむこと”が一番だと思います。悟空が「強い相手と闘うのがワクワクする」といつも言っていますけれど、それと同じですよね。楽しいときは「生きていて良かった!」と人生を謳歌している気がするじゃないですか。あと、しんどさのなかにも“楽しさ”を見つけること。

ん?ここで未来視ならぬ過去のビジョンが…!

1つ、更新自体を楽しむ
スポーツと一緒ですね!結果を目的にせず、記事を書いたり、デザインをいじくったり、ブログ自体を楽しみましょう!あなたが楽しければ、読者も楽しいのです。 

あい~~~~こんばんは、昨日資産構築だのどうたら言ってたが結局あれだな、自分のおもしれーものを純粋に追い求めることこそ最強のクリエイティブなんだという結果に至ったので今日は寒いんでもう寝ます、そんじゃ~お休み

ということで基本楽しむという姿勢を忘れず、それでも「巨大な壁」(PVの限界? ネタ切れ?)にぶち当たったときは三浦大知さんのおっしゃるように、“自分をレベルアップさせてくれるアイテム”と考えて活用しましょう!! すべては「限界突破」のために!

最後に三浦大知「ベスト」アルバムから"EXCITE"

三浦大知 (Daichi Miura) / EXCITE -Music Video- from "BEST" (2018/3/7 ON SALE) - YouTube

このMVのダンスもなかなかよろしおすえ!

以上により、100%楽しいことしか書かないという決意をさらに固めたtokyocabinでした。今後ともよろしくお願いします☆

 

 

---------------
tokyocabin