tokyocabin 東京キャビン, music video press (based on my personal interest)

音楽ビデオ・ダンス・アニメ・ゲーム&ネコなど、おもしろ動画の感想ブログ

秋の「ドーナツホール」祭り1(米津玄師本人&Eve編) / DONUT HOLE by HACHI (Genshi Yonezu) & Eve

注意:ハチが曲書いた人で、ボカロのGUMIにうたわせています。この曲は米津玄師も歌ってます。じつはハチと米津玄師は同一人物なのです!!

「少年漫画っぽいのを目指しました」って、動画の絵、例によって米津玄師本人のだからね。これさー、やばいよね。なんか…かっさらいすぎで。絵だけ描く人の立場ないやん。いや、描ける人はそれだけで素晴らしんですけどね、とろくに描けない者としては思いますよ。でもさー、やばいっしょ。逆に言うと、昔のレコード販売中心の業界構造ではここまで輝かなかった才能なんだな。と考えると、音と絵のシンクロが大好きなtokyocabinとしては感慨深いです。とにかくYouTubeサイコー。 

2013年発表

ハチ MV「ドーナツホール」HACHI / DONUT HOLE - YouTube

歌詞は比較的ストレートな恋歌だと思います。細かい解釈は人によると思うけど。歌詞はこちら

ドーナツの穴みたいにさ
穴を穴だけ切り取れないように
あなたが本当にあること
決して証明できはしないんだな

とにかく全体的にとてもいい歌詞
なんでとにかく聴けばいいのさ
部分だけきりとたって

決して証明できはしないんだな♬
(しつれいしましたぁ!!)←居酒屋風に叫ぶ

要は難解すぎない歌詞とノリの良さで、親しみやすいいい歌だよってことです。 まさに、ドーナツ。ちょっと脱線(よりみち)や♪ 

クリスピー・クリーム・ドーナッツはこうやって作られている - YouTube

2:00のグレーズをかける所が圧巻です!! まさに、画竜点睛。いままでグレーズを軽んじていたわたしは今後、発酵系ドーナツ製作時には必ずツヤッツヤのグレーズ(レモン入り)で仕上げようと心に誓いました。

さて、ボカロの歌には、好みがあります。苦手な方も。わたしは高すぎる音はちょっと聴きづらい時があるかな。
それにやっぱりヨネヅの声聴きたーいって方はこちら! でも公式なものではなさそう。高音質をうたっているが、実は中音質。

津玄師 「ドーナツホール」高音質 - YouTube

おとなっぺーな。さすが。貫禄。ちょっと成熟しすぎてる感もある気がする。オトナなドーナツホール。(ん?)

 

一押しのEveさんも歌ってます。んーー、やっぱこの人の声スキ。

ドーナツホール 歌ってみた【Eve】 - YouTube

少年ぽいEveさんの歌声が、不器用な恋の顛末(またの名を若さゆえの後の祭り)を語るさまがいいですね。米津さんの絵の雰囲気にもあってる♡。

 

…と一通り聴くと、なんかハチのボカロもいいかもと思いました。なんか淡々としてるボカロの声が、かえって切ない。(はい、無限ループ魔法陣完成です☆)

 

以上、ドーナツホール祭り1でした!

 ---------------

tokyocabin