tokyocabin 東京キャビン, music video press

音楽ビデオ・ダンス・おもしろ動画を紹介するブログ

【速報】あのポストモダン・ジュークボックスが還ってきた!/ Postmodern Jukebox Reboots!

6月末シーズン1終了宣言をしたポストモダン・ジュークボックス(以下ポスモダ)ですが、昨日休暇を終えてシーズン2をスタートさせました。記念すべき1曲めはTotoの「アフリカ」のカバーです。

Africa ('50s Style Toto Cover) - Postmodern Jukebox ft. Casey Abrams & Snuffy Walden - YouTube

 (2018)

動画の最初の部分は、未来の楽器店(ボタンを押すだけで音楽が聴ける)でやばいブツ(Banned Instrument)である本物の(ビンテージの)コントラバスやエレキギターを弾いて、オーディエンスを50年代に引き戻すというシナリオです。しかし「この最初のドラマ部分いらないよ!」というコメントが1,900件も「イイね」 を獲得しています。まーなくてもいいんでしょう。ちなみにポスモダの主催者である作曲家・ピアニストのスコット・ブラッドリー氏はジャニター・スーツで登場しています。

Totoの元歌はこちらです。

Toto - Africa (Video) - YouTube

1982

ああ、あなたはついに、禁断のジュークボックスを開けてしまいましたね! ということで、今思えばロング・バケーション前のシーズン1最後の曲だった「シェイプ・オブ・ユー」の70年代バージョンを貼っておきます。エド・シーランのとぼけた風味のこの曲が、こんなにも狂おしくもソウルフルだったは!!恐るべしポスモダ…。

熱い!! So hot!!

---------------
tokyocabin