tokyocabin 東京キャビン, music video press

音楽ビデオ・ダンス・おもしろ動画を紹介するブログ

カナダでライブ!…なのか?(デズモンド・デニス) / Desmond performs 90's hits LIVE in Canada!

Desmond performs 90's hits LIVE in Canada! - YouTube

「デズモンド・デニス、カナダで90年代ヒット曲ライブ!」と題したこの動画を観たとき、とっさに浮かんだ言葉が、「営業」という言葉です。

実は芸能界において、「営業」という言葉には、2つの意味があります。

それは……

 (1) プロダクションが、所属する芸能人に、仕事を与えるための「営業」
(2) お笑い芸人の方などが、イベント施設でパフォーマンスを実演する「営業」

わたしが言っているのは営業(2)ですね。正直申し上げて、結婚式への「出演」を「ライブ」と言ってしまって良いのか? そして、それをユーチューブに出してしまうことが彼にとって得なのか損なのか? その辺のことはよくわかりませんが、なにやら複雑な気持ちになってしまった動画です。

しかしその一方デジモンドは、ユーチューバーとしての地盤はじわじわ固めています。先日ついにチャンネル登録者数20万人を達成しました!最近は息子、そして(GF)のチャンネルも立ち上げたし、すでにプロデューサーとしての立派なHPも(当然自ら)創りました。

こうやって見るとすでに色んな人をアレンジしてきているデズモンド君。

 デズモンド君はとにかく多芸・熱心・体力旺盛な若者(まだ24歳)だから、営業含めていろいろやって、そのうち”独自”の大きな花を開かせる気がします。方向としては、アレンジャー、プロデューサーより、なのかも知れない。

まー、あのブルーノ・マーズでさえハワイで観光客相手にショーをやってたというしね。ブルーノの懐メロをベースとした”しっかり押さえてまっせ”のショービズ・サービス感覚、チームワーク重視・スタッフ(裏方を含む)を大切にする姿勢、スキャンダルへの注意深さ、そしてなにより音楽技術の高さと広範なレパートリー曲への造詣の深さは、下積みあってのものでしょう。下積み支持者のtokyocabinです。

ブルーノの場合、ステージマザーとしての今は亡き「お母ちゃん」(フィリピン系)の存在が大きかったようですが、その点ではデズモンドには嫁(GF)デスティニーさん(健康系通販の営業者がお仕事)の強力な理解とサポートが大きいと思います。

FROM NEW JERSEY TO CANADA! - YouTube

営業に同行した時に撮ったこのいささか拍子抜けするほどの彼女の明るさを目にし(見せつけられ)、この人がいるからデズモンド頑張れるんだなあと思いました。なにをやるにも愛する人のポジティブな応援ほど力になることはありません。

実はわたしはデスティニーさんには前から好意をもっています。「デズモンド・ビート」の声担当したり、そもそもデズモンドの最初のBazzとなった「ソー・クロース」のパロディである「ホワイ・ユー・オールウィズ・ライイング」のパロディではちゃんと歌に参加してて、かっこよかったしね!

f:id:omhd:20180921063406p:plain

Desmond - Why You Always Lying ft. Dre' Dennis (Full Song) - YouTube

このあたりの事情についてはこちらのインタビュー記事をどうぞ!

とにかく、デズモンド君の努力はtokyocabinも逐一見てるし、ほんと応援してるからがんばってね。もちろんわたしももっと努力しよう!と彼の「営業」を見て最終的には励まされるのでした。サンキューDes!!

----------------
tokyocabin