tokyocabin 東京キャビン, music video press

音楽ビデオ・ダンス・おもしろ動画を紹介するブログ

【本邦初!】ユニークなR&B動画のデズモンド・デニスにインタビュー!-1 / Interview With Desmond Dennis, A Unique R&B Singer -1

f:id:omhd:20180721175311p:plain

YouTubeを中心に活躍を広げつつあるR&Bシンガー、デスモンド・デニスにインタビュー。そのユニークな音楽動画制作についてお伺いしました。

This is an exclusive interview with R&B singer Desmond Dennis  conducted by tokyocabin. Capitalizing on his musical talent, video production skills and creativity, Desmond is expanding his activities centered on YouTube. 

Contents:

 

デズモンド・デニスとは? / Who Is Desmond Dennis?

こちらの記事をご参照下さい。

Check these out.

www.cabin.tokyo

www.cabin.tokyo

 

スカイプ・インタビュー / Skype Interview With Desmond Dennis

 

いきなりですが…演技って勉強なさったんでしょうか?/ Firstly, ...Did You Learn Acting?

(笑いながら)ノー、ノー。でも子供の頃から映画を観て真似するのが好きだったよ。新しい動画をつくる時は、アイデアをブレストして、いろんなキャラクターでやってみるんだ。カバー曲をやる時は、必ずなにか新しい要素を加えるようにしてる。チャンネルを登録してくれているみんなに誠実でありたいと思っているから、観て楽しめる、他とは一味違うものにしたいんだ。コミカルな要素を加えて、工夫をしている。音楽を聴いている間に、目で楽しめるものが欲しくて。
No, no. (laughing.) Since I was a kid, I like re-enacting the movie I watched. When creating a new video, I do brainstorming about different ideas and roleplaying different characters. I always try to add something new to my covers. I wanna stay true to many subscribers, making it entertainment, making it just a little different with others. I'd like to add a sense of comic, go the extra mile. I offer something to watch while listening to the music.
 
 
 デズモンドがいつも必ずひねりを加えているのはよく知ってますよ。
 We know that he alywas go the extra mile.
 
 

1960年代世代みたいに… / As If I Was Born In The 1960s ...

子供の頃はみんなアッシャーを聴いてて、ティーンの時はクリス・ブラウンが流行ってた。もちろん今でも彼らの曲は聴くけど、もっと昔の曲に注目している。自分の曲の原点はそういった曲にあるから。オレ自身は1994年生まれだけど、60年代世代が観るような映画を観てきたよ。これは正解だった思う。歌やダンスのスタイルを習得できたから。味をしめて、さらに70年代、80年代、90年代と学んでいって、やっと現代に追いついたときには、随分いろんなスタイルを覚えて、今の自分の音楽やダンスに応用できる。カバーとかをやる時は、違う分野に挑戦していろんな年齢層のオーディエンスにアピールしている。

When I was a kid, people watched Usher, in my teenage years Chris Brown. Of course I still (like their) tunes, but I am more focusing on older songs. Those are all my songs are originated from. I was born in 1994 but a I saw the films like as if I was born in the 1960s. I love the fact I did that because it make me feel the style of singing as well as dancing and once I feel like that I pretty much head down, I then moved to, the 70s, 80s, 90s, and finally I've got caught up with what's going on right now, but that made me learn so many different styles of singing and dancing that I can cooperate with my music now I'm dancing. When I do covers and things like that I just try to touch different areas so I grab the attention from different audiences of all different ages.

 

Drake - Controlla (The Five Heartbeats Version) by: @DesmondMDennis - YouTube

The amazing transformation of a Drake's song into a legendary scene of "the Five Heartbeats," the move on the Temptations. 

ドレイクの歌をテンプテーションを映画化した『ファイブ・ハートビーツ』の名シーンへと変貌させた動画。

  

The Five Heartbeats (1991) scene - A Heart is a House for Love - YouTube

 

 

どの分野の作品が気に入っていますか? Which Kind Of Works Do You Like Best? 

もちろん自分で書いたオリジナル曲が一番好きだよ。全部一から作って、自分の考えがビデオの中で形になるのが見られるからね。Of course I love original songs best because I can start from scratch and see my idea come to life in the videos.

エド・シーランみたいなアコースティックなスタイルの歌が好きかな。ストーリー性のある歌。音楽動画が作りやすい。動画のコンセプトとなる歌そのものがストーリーだから。そういうのをみんな聴きたがるから、とてもいいと思う。

I love acoustic style music like a verse of Ed Sheeran. I love songs true to a story because those are easy to (make) videos turn into a musical one and then have a story just by listening to the song I come with the whole concept of the videos, and honestly those are type of song people can really in to it, so it's really bad.

 

Desmond Dennis - Addiction - YouTube

デズモンドの書いた曲の中でtokyocabin一押しはこの「アディクション」です。シンプルだけどセクシーかつ洗練された音。

Among his original songs, tokyocabin recommends you this tune. Sexy, sophisticated sounds with a relatively simple melody.

 

 

他のユーチューバーとのコラボについて / Collaboration With Other YouTubers

カリスタ・クインとか、いろんなユーチューバーがコラボできる土台を造ったんだ。オレはボーカルなんかのアレンジからプロダクション、アイデアを加えたり、全部やれるから、他のアーティストは参加すればいいだけ。

Now I've got a foundation of a lot of different YouTubers… collaborating with a lot of different artists, such as Calista Quinn. I cover the music from the production and creativity that I put to, aside from the arrangement like vocal arrangement, so they just join.

「裁判所は”優しく殺して”を唄う」では、カリスタ・クインと曲を録音したときに、アイデアが浮かんだんだ。俺の頭にあるものを彼女に伝えるのはムリと思ったんで、とにかく彼女の出るところだけ合成用に撮影したんだ。彼女が帰ってから、自分の部分を撮って仕上げた。出来上がりはうまくいって、観せたら彼女大ウケしてたよ。ですぐユーチューブにアップしたんだ。完成版にはみんな驚いてた。笑える作品になって満足している。

As for "The Courtroom Sings Killing Me Softly," Calista Quinn came over and we recorded it and that's when an idea came to me. I thought she wouldn't understand what I had in my mind, so all she did was shooting her part on the green screen. After she left, I shot my part without her. So what she saw as the final product was just mind-blowing because it was so funny, and we put it up (on YouTube). People were just startled by the final cut. The work was so hilarious, and I'm just happy.

 

素晴らしいボーカルによる超笑える動画。カリスタの手紙を勝手に読んだ罪(信書開封罪)で裁かれるデズモンド。ロバータ・フラックの名曲に乗せて。キャプションがツボ。

A perfect musical comedy with fantastic vocals.

 

 

-----------------------------------------------------------------

2に続きます!

To be continued in part 2!

 

----------------
tokyocabin