tokyocabin 東京キャビン, music video press (based on my personal interest)

音楽ビデオ・ダンス・アニメ・ゲーム&ネコなど、おもしろ動画の感想ブログ

【独占企画】デズモンド・デニス、歌えて踊れて増殖できる男(1) / Desmond Dennis, A Man Who Can Sing, Dance And Clone Himself (1)

「ブルーノのカバーって、"歌ってみた"でしょ?」って思うなかれ。デズモンド・デニスの音楽動画は「カバー」などというレベルではない! 自らの映像編集テクと生来の美声を駆使した、前代未聞の「一人R&Bグループ」なんです。

"Come on, we already have a lot of Bruno Mars covers." Oh, you should listen to and watch "covers" by Desmond Dennis first. His videos are far more than you imagine. Actually, he is unprecedented, "one-man R&B group" created by his video editing skill and innate beautiful voice.

Contents:

 

デズモンド・デニスって誰? / So, Who Is Desmond Dennis?

デズモンド・デニスは現在YouTubeを中心に活動している実力派R&Bシンガーです。2015年から本格的に動画を投入し始め、以来じわじわ登録数を上げてきています。今年に入りチャンネル登録が17.8万人を超え、YouTubeシルバー・アワードをゲットしました。

Desmond Dennis is a talented R&B singer who is releasing his astonishing works through YouTube. Since starting to upload his videos  in earnest from 2015, he has been gaining subscribers steadily. The subscriber number exceeded 178,000 this year, which allowed him to receive the YouTube Silver Award.  

デズモンドはただ歌が上手というシンガーではありません。動画のクリエイティビティがとんでもなく高い!! しかも「エブリウィーク・ニュー・ビデオ」(ウォルマートの「エブリデイ・ロー・プライス」のパクリ)をキャッチコピーに、週に多い時はなんと4本もハイレベル動画をアップし続けています。どんな風にハイレベルなのか? 本編でじっくり説明いたします。

Desmond is not an excellent singer, but also an exceptional video producer with amazing creativity!! Furthermore, he is so productive that he literally keeps uploading at least one high-quality video (four videos sometimes) a week under his catchphrase "New Video Every Week."  How high is the level? I will elaborate it in this article. 

 

一人グループバンド、デズモンド・デニスの衝撃度 / Impact of Desmond Dennis's One-man Group

映像編集による自らのクローンとともに、新旧のR&Bソングをリミックス。さらに演技とギャグセンスも抜群で、単なるMVでは無いのです。

By using his clones created by his video editing skill, he releases the covers and remixes of old and new R&B songs. His outstanding acting performance with humor make his music videos so special. 

 

とりあえずコレを観よ! ブルーノ・マーズ「フィネッセ」カバー(聖歌隊バージョン)/ Watch this First! Bruno Mars - Finesse (Choir Version) 

Bruno Mars - Finesse (Desmond Dennis Cover) - YouTube

この動画を観てしまってからというもの、いてもたってもいられなくなってしまったわたしです。たんに牧師役の彼のメガネ男子ぶりにやられただけ、の可能性も胸を張って否定することはできませんが。

Having "discovered" this video, I couldn't help but do something and started to follow him. Honestly speaking, I was knocked out by Preacher D's handsome looks with eyeglasses and nice low voice...

 

MVのざっくりとした訳 / In Japanese 

メガネのD牧師のセリフ(その他すべての役もデズモンド)

匿名の手紙をいただきました。なになに、「両親がブルーノ・マーズがゴスペルを歌わないので、コンサートに行ってはいけないと…」実に嘆かわしい! 誰も彼も神の名のもとに言いたい放題、聖書を勝手にリミックスしている。聖書には「汝コンサートに行くなかれ」なんて書いていません! 恥を知りなさい。お嬢さんをコンサートに行かるのです。心配無用。ご両親、今ここにいらっしゃいますか? その娘(こ)をコンサートに行かせますよね、聖書をリミックスするんですよね、じゃわたしもリミックスしちゃいますよ。音楽スタート!

(って、ここまでやってから非常にハイレベルな歌と演奏をお一人様で披露。なにこれ〜って、ギャップ萌えしちゃうんですよ)

 After these lines, Desmond performs fabulous solo and chorus all by himself. This is killing!

 

注目ポイント/ The Point

10人の聖歌隊+バンド4人、合計14人を全部デズモンドが演じています(わたしの知っている限り最大人数)。もちろんキャラ設定も変えています。サンバイザーのおちゃらけ役(a goofy character )と目の不自由うな人(ステイビー・ワンダーを意識?)が特に目立っています。演技レベルたかっ。

Ten choir members plus four band players makes 14 roles are played by Desmond. This is the largest number for him as I know.  He plays each character, why not?  Noteworthy are a goofy guy wearing a sun visor and  a visually impaired man, who reminds you Stevie Wonder. What a great actor!

 

  

そもそも非常に上手な歌手 / Desmond Can Sing!

ハイスクール時代からシンガーだったデズモンド(SJ3というグループの一員でした)は、基本歌が上手いんです。何歌わせても。何人で歌っても。(実は一人だけど)しかもいろんな声や歌い方、踊り方まで可能。まさに一人ジュークボックス・グループ。ちょっとどーにかしてよ、この人。

Desmond has been a very good singer since his high scool days. (He was a member of R&B pop group SJ3.) He can sing many types of songs by himself and with a group of his clones. Furthermore, he is able to sing and dance in various ways. In a word, he is a one-man jukebox group. 

 

90年代男性グループの変遷 / The Evolution Of 90's Male Groups 

The Evolution Of 90's Male Groups - YouTube

これ、単に90年代のを歌ってみましたっていうのではなく、1990年から99年まできっちり年を追って歌っています。律儀な性格が表れてますね。さすがシンガー兼プロデューサー兼エンジニア。どの曲も伸びのある声が気持ちいいので、ぜひHondaでドライブする時にかけたいです。車持ってないけど。

In this evolution, he performs one tune for each year starting from 1990 to 1999. Yes, he is such as faithful guy. No wonder he is a singer/producer/engineer! You can enjoy his sweetly smooth voice in every song. Best for listening while at the wheel.

切り替えでメンバーの数が変わる時のスロットマシーンみたいな処理が笑える。ややぼやんとした90年風画面もいい。そして 歌唱もさることながら、ダンスがオリジナルのスタイルながら今風のキレを入れてあり、かっこいいです。(おうちダンサーとしてのコメント)

The slot machine-like shift when members change is funny. The blurred screen is the 90's taste. On top of his brilliant singing, his dancing is stylish, albeit maintaining the old days style.  

 

メドレーの一曲目は 「ベル・ビヴ・デヴォー」の「ポイズン」です。聴けばすぐ分かる特徴のある曲です。オリジナルのMVはこちら。

The medley begins with Bell Biv DeVoe's "Poison,"which is memorable due to peculiar sounds.

Bell Biv DeVoe - Poison (Official Video HD)(Audio HD) - YouTube

90年代の画像合成処理が今だと雑に見えて、かえって新鮮じゃないの! 

Its rough 90's synthetic image looks new to us today.

ところで、ブルーノ・マーズの「フィネッセ」はこの曲「ポイズン」のパクリだと言ったやつ、前に出ろ! 「先生、それはカニエ・ウェストくんです!」現在はポール・マッカートニーに絡んでいると言われるカニエくんにこの場を借りて言っておく。似てないでしょーが、全然、2つの曲は。最初の音出しが、「タッタカ」っていうドラムという点だけだよね? でもって「フィネッセ」は「あ゛ーあ゛ーあ゛ー」っていうカラスの啼き声と、「ほぅ!」も入ってますから。

 

ちなみにパート2もあります。

90年代男性グループの変遷(パート2)/ The Evolution Of 90's Male Groups PART 2 

The Evolution Of 90's Male Groups PART 2 - YouTube

 90年代後半はでかいヘッドマイクをつけるようになりました。(どっかで見つけてきたんでしょうね…笑)パート2では、きっちり毎年の曲ではなく、取りこぼしてはもったいない名曲を集めた感じです。最後のネクストというバンドの「トゥー・クロース」はデズモンドにとって重要な曲となりました。この曲については改めて別稿(あるの? あるんです…)にてご紹介します。

In the late 90's, he started to wear a huge head microphone, which he must get from somewhere. The Part 2 consists of famous songs which cound not be covered by Part 1. The last song, Next "Too Close," is important to Desmond. I will write about this another time.

 

 -----------------------------------------------------------------

(2)に続きます!

To be continued in part 2!

 

----------------
tokyocabin