似非ミニマリストのキャビン

ドニー・イェンをベースに世相を斬る!ことは可能なのでしょうか?

『毛沢東 日本軍と共謀した男』(遠藤誉)の悪辣さに震撼する &『ホワイト・バレット』主題歌

ドニー・イェンの映画において

イップ・マンは、
空手おたくの日本将校を殺してしまったため
香港に逃れたことになっています。
しかし事実としては、
イップ・マンは国民党の要職にあったため、
政権を奪った共産党から逃げたようです。

この本を読んで、
戦前戦後の日本軍、国民党、共産党のややこしい関係が
ざっくりと理解できました。

あの『ラスト・コーション』問題シーン
及び『ホワイト・バレット』主題歌
合わせてお送りします…

f:id:omhd:20170723094646p:plain

これが毛主席の作戦だ!一言で言えば

「国民党の対日作戦に協力するふりして共産党の強大化に全力を注ぐ」

 

 2 遠藤誉って誰?

1941年に中国吉林省に生まれ53年日本に帰国。
この一行でこの作者の凄さがわかるひとは通。

筆者は科学者であり、
この本も科学的に調べ考えて書かれています。

2 毛沢東って誰?

中国共産党の神聖にして犯すべからざる
最強アイドル。
最近習近平が猛追中。


3 何が書いてあるの?

敵を陥れる戦略において
毛沢東主席が
宇・宙・最・強!


4 一押しする理由!

三国志も真っ青の姦計の数々!
(申告しておきます、映画『レッドクリフ』しか観ていません)
こんなボスに鍛えられた株式会社中国共産党だからこそ
ここまで強く世界にのし上がれたのだと納得します。

 


5 心に残った言葉の一部

衝撃的過ぎる史実がてんこ盛りなのでほんの一部だけ。


p.13

毛沢東は1936年に西安事件を起こして蒋介石を騙し、
国民党軍が中共軍を叩けないようにしておいてから、
「合作」(国民党と共産党が経録して日本軍と戦う)を
理由に国民党政府の禄を食み、
軍服や武器を国民党政府から支給されながら、
国民党軍の軍事情報を

(情報量だけで1年あたり当時の

華人警察官給料の120年分!)

日本側諜報機関に売っていた。
中華民族を売り、人民を裏切っていたのである。
…実に頭のいい、希代の戦略家…

*カッコ内はおれみによる

 


戦中の毛沢東のやったことを
まとめるとこうなんですけど、
この作戦実行できたって、なんて頭いいの?
詳細がないと、この飛び抜けたずる賢さが
よく分からないないかと思いますので
中国に興味のある方はぜひ一読をおすすめします。

本作戦のキーして、
上海総領事館ノンキャリ岩井栄一や
ジェスフィールド76号特務機関とか、
実に面白いけどややこしいので
ここでは引用しません。

例によって史実と違う映画だけ貼っておきます。

 

注意:
ラスト、コーション』(2007年)には

強烈なシーンがあるんです。。。
R18指定、っつうか、まんま。。。
トニー・レオンの相手役のタン・ウェイ
『捜査官X』(2011年)でドニー・イェン

との夫婦って設定になったとき、
ほんとドニーの奥さん(2003年結婚)

気が気でなかったと思います。
わたしもそんなドニーさんは観たくない。
こんなの眼の濁ったトニー・レオンでいいの!

 

 >>>悲報:

予想してましたが不適切利用ということで

Youtube画像が削除されました。

再び出現した場合はお知らせいたします。

 

 
あと、毛沢東を助けた「山の大王」兄弟を含め
井岡山(ジーン・ガン・サン)の

同志1万人(!)を殺してしまった恩知らずな事件、
日本軍による南京侵攻をスルーした件とかも
泣く泣く割愛。


p.24

毛沢東帝王学の基本のキ
韜光養晦(とうこうようかい)
タオ・グワン・ヤーン・ホイ
「闇に隠れて力を養い、報復の時を待つ」


以下は毛沢東八路軍に出した具体的な指示です。

p.109

中日の戦いは、我が党の発展にとって絶好の機会だ。
我々が決めた政策は

力配分
70% 共産党の発展
20% 国民党との妥協
10% 対日作戦

(*冒頭の円グラフ参照 byおれみ)

この戦略は以下の三つの段階に分けることができる。

その一:(国民党との)妥協段階。
この段階においては自己犠牲を持って表面上は、
あたかも国民政府に服従しているような振りをする。
三民主義*を唱えているように振る舞うが、
しかし実際上は我が党の生存発展を覆い隠すためだ。

孫文による

民族主義民権主義(民主主義)、民生主義

 参照:三民主義 - Wikipedia

 

これって、孫文に対する裏切りですよね?

孫文の義士団の立場は??

 『孫文の義士団』 (2009年)

構想10年と言う割にはなんだか迫力不足な映画。

党の意向反映のせい?

 

その二:競争段階。
2、3年の時間を使って、

我が党の政治と武力の基礎を築き、
国民党政府に対抗でき、
かつ国民政府を破壊できる段階に達するまで、
この戦いを継続すること。
同時に、国民党軍の黄河以北の勢力を消滅させよ!

 

ということで党にとって重要な『黄河』の曲を

香港返還20周年記念番組で演奏するドニー・イェン

(この件については別途記事を書きます) 

 

その三:進撃段階。
この段階に至ると、

華中地区に深く入り込み根拠地を創って、
中央軍(国民党軍)の各地区における交通手段を切断し、
彼らが孤立して互いに連携できないように持って行く。
これは我が党の反撃の力が十分に熟成するまで

行い続ける。
そのうち最後に国民党軍の手中から

指導的位奪うのである。

(注と下線はおれみ)

 

これこそ共産党の「ヤドカリ作戦」! 
この三段階って、いまの中国の動きと重なりますよね。
自分の力が大きくなっていくまで時間稼ぎをしつつ、
着々と足場を固め覇権を狙う。
今の相手は国民党軍ではなく…。


最後に、今日の反日運動の隆盛の説明です。

p.264

江沢民は、日中戦争時代は日本軍閥側の管理の息子として
贅沢な暮らしをしていた。
だから当時の中国人には珍しく、

ダンスもできればピアノも弾ける。
日本が参拝すると、あわてて中国共産党に近づくが、
自分の出自が中国人民に知られなどしたら

国家主席どころか
共産党員としての視覚も剥奪されると、
江沢民は恐れたに違いない。
自分がどれだけ反日的であるかを示すために、
江沢民は1994年から始めた「愛国主義教育」の中で
必死になって反日煽動を行い、出自を隠そうとした。

 抗日戦争勝利記念日を全国レベルで祝い始めたのは

1995年からだ。
...毛沢東自身は「愛国」という言葉さえ嫌った。
新中国が誕生する前の愛国とは、
中華民国」を愛することになる。
…このことさえ知らない江沢民は、
1989年6月4日に起きた天安門事件を受けて

中央に迎えられ、
本来ははんにちのためではなかった愛国主義教育を、
個人的な保身のために反日的「トラウマ」へと、
持っていってしまったのである。
 その影響を最も大きく受けたのは、

それ以降の党指導者だろう。
胡錦濤・元国家主席は、愛国主義教育が起こしてしまった
「大地のトラウマ」を元に戻し、

「少しでも親日的だと

すぐに売国奴呼ばわりされる精神文化」を是正しようと、
いろいろ試みるが、彼自身が売国奴、そして売国政府と
ばとうされるようになり、あわてて引っ込めてしまった。
それを引き継いだ習近平政権は、
もっと後戻りができないようになっている。
それが高じて、2015年9月3日、ついに建国後初めて
抗日戦争勝利記念日に軍事パレードを開催してしまった。
 いま中国は歴史に逆行し、時間を遡って、
まるで「抗日戦争」がいま終わったばかりの熱狂ぶりだ。

 

香港は先日習近平主席を迎え、祖国返還20周年記念を祝いましたが、
彼の地もこの不毛な反日ループ巻き込まれていくのでしょうか?
共産党自身の今現在行われている

暴力的な手段を糊塗するするために。

 


6 関連書など

『抗日戦争中、中国共産党は何をしていたか―

覆い隠された歴史の真実』
(謝 幼田著、草思社、2006年)

 

7 最後に


あ゛ーーーーーーここまで書いて、すっごく暗くなっちゃったな。

ジョニー・トー監督『ホワイト・バレット』の主題歌で
心を洗ってから眠ろう!
この暴力が支配する世の中で(今までだったそうだったが)
なにを信じればいいのだろうと…

 

「现在听听我们的青年他们在唱什么
今は若い人たちの言葉にちょっと耳を傾けてみよう〜」

とにかく香港に少しでも長く、多く、
自由と民主主義が生き延びますように。

* * *

どこか痒いところ、流し足りないところがございますか?

なんか、もやもやする...

そういう方は、

こちらの記事を観て 特殊警棒で殺られちゃってください。

setsuyaku-mile.hatenablog.com

立場ゆえに主席のために香港返還行事で

ピアノを弾かなくてはならぬ一役者だが、 貴様の本心はウージン戦で

しかと見届けるぞ! (といいつつ数百回この映像を観ているわたし)