東京キャビン-音楽系おもしろ動画-

オモシロと感動だけ!「ちょっといい気分になれる」音楽系おもしろ動画

東京キャビン

吉幾三TSUGRARUラップでYouTubeデビューばって!【ゆる休み号】

 

現在ゆる休み中の身ではございますが、あのIKZO様の本格YouTubeデビューとなればそうも言っておられず、急きょNYから戻りました。はい、まったくのウソ偽りです。基本「新宿あたりをぐーるぐる♬」

 衝撃のラップ!吉幾三「TSUGARU」

吉幾三「TSUGARU」MV(2019年9月12日配信リリース) - YouTube

2019/09/12 に公開
TOKUMAJAPAN

【構成】AABC
【速度】BPM100(古典ラップのスローテンポ) 大地というか田んぼを踏みしめるテンポで。ヰセキ「さなえ」のスピードと言ってもいいでしょう(ただし、このCMの桜田淳子は秋田出身)。「生きてることを 知ってっか?」

Aメロ 
A おめだの爺コ婆々(じこばば) どしてらば?
F 俺(おら) えの爺コ婆々 去年 死んだネ
G あめだの兄さま どしてらば?
A 俺 えの兄 さま知らねじゃ私(わ)!

D 東京(かみ)さ 行ったって聞いたばって
A 東京のどのどさ 行ったがや?
F さっぱど分がねじゃ! 俺(おい)の兄!
E バカコでバカコで しかたねね!

A おめだの姉(あね)さま どしてらば?
F 俺えの姉さま アメリカさ!
G 嫁コさなったって 何年たてば?
A 戻ってこねねろ バカコだね (シロ!)

Dわらしコ出来だって 聞いだばて
A男(おどこ)わらしな!女子(おなご)だな!
F祝いの銭(じぇん)コも包まねで
Eホントに迷惑(めわぐ)ば かけでらじゃー

*以下は上記コードをアプリChordbotで再現したものです。音量にご注意ください。BPM110と速くなってしまってます…。

 

Bメロ

Am 喋(しゃべ)れば喋ったって 喋られる
F 喋(しゃべ)べば喋ねて 喋られる
Em 喋ればいいのが 悪いのか
Am 喋ねばいいのが 悪いのか

Am 春夏秋冬 知ってっか!!
Dm 花咲き 佞武多(ねぶた)に 紅葉と
C 雪降る厳しい 四季感じ
Em 生きてることを 知ってっか?

*以下は上記コードをアプリChordbotで再現したものです。音量にご注意ください。BPM110と速くなってしまってます…。

 

Cメロ
Am Hey Hey Hey Hey    F Hey Hey Hey Hey Hey
Em Hey Hey Hey   Am 津軽の言葉をなめんじゃねェ!!! 

*これは曲と同じBPM100です。

「全部津軽弁で、皆さんには意味わかりません!」

歌のメッセージ:「たまにはふる里に帰って来い」
キモは、吉幾三先生のふる里「津軽」の言葉で歌っている点。完全ネイティブ発音です。ほんと聴き惚れてしまう。とくにあの柔らかく粘っこいN系の音は素晴らしい。でも…意味よくわからない、てかおらじぇーんじぇんわがネ!
この点に関するご当人のメッセージビデオはこちらになります。ゴールド・ウォッチとハンドサインがラッパーしてますね〜。あと、色が黒いのは…田んぼでのロケ灼けと思われます。
<

吉幾三「TSUGARU」コメント - YouTube

2019/09/11 に公開
TOKUMAJAPAN
「ほうほう、なるほど!」(BSプライムの反町理の口調で)。津軽弁オンリー>>標準語訳と徐々にキャプションを加えていくのですね。とすると次は>>英語でしょうね。まさにTSUGARUから世界へと。

それにしてもこの動画は…幾三先生の高度インテリジェンスがまんまでちょっとまずいわ。やや外さないと。着こなしとして。やっぱ、ワークマン着てないと、だめ。そのほうが絶対総合的にかっけーから。

TSUGARUから世界へ

でも、この「津軽ことば」のラップでヨウツベに切り込むという戦法、実にいいですね! 以下その素晴らしさの分析です。

吉幾三は洋楽的感性の演歌ソングライター

一番大切なポイントは、吉幾三(本名 鎌田 善人)演歌界では珍しい「シンガーソングライター」であるとういう点。じぇ〜んぶ自前で作れってか!そんな幾三は、言わずと知れたリミックスねたの帝王。ここまで音源にされている歌手もいないほど、実に様々なアーティストと勝手にコラボられています。そしてそのすべ手が爆笑素晴らしい出来だという。それらを全部は、到底ここで紹介しきれないので、最高傑作の「イクゾーロジック」を貼っておきます。 ぜひちゃんとしたイヤホン(BOSEのノイキャンを推薦)で聴くように。

*えー?お前「目下人生最愛はAKG」じゃなかったの?!って話はまた別稿にて。このひと夏の経験があってね…
 

StarrySky IKZOLOGIC Remix 10th Remake - YouTube

2018/04/26 に公開
zennourenP
この手のマッシュアップでこれ以上のものはない(断言)。意外性といい、歌詞のぶつかり具合と言い、あおり気味の(グルービーな?)勢いといい。

とにかくノリがいいので、洋の東西を問わずクラブれるIKZO(IKUZOとうい表記もあるが、正式にはIKZO)。新曲「TSUGARU」に関しても、さっそくこんなアレンジが出ています。(最初からスタンバってた感じですが。)

吉幾三 - TSUGARU ( Lil'Yukichi Remix ) - YouTube

2019/09/14 に公開
Lil'Yukichi

ホットもいいんだが、チルっても美味しいね。そんな感じですね。というか、そもそもいじられることを想定してそうだしLoFi Hip-Hopや8bit、ユーロビートなど様々な展開が楽しみです。傑作が出ましたら随時お伝えいたします。

個人的にはこのくらい変えてもイケルと思います。IKZOなら…

Daft Punk - Musique (ORIGINAL) - YouTube

2012/05/06 に公開
Philip S

津軽ガツガツガツガツガツガツガツTSUGARUUUUUUU -------


「津軽ことば」の魅力でグローバルにインバウンドを呼び込む

とにかく、「おめだの爺コ婆々(じこばば) どしてらば?」の第一声からして、実に響くんです。ラップの命である、ことばの存在感? 野球で言うと「球が重い(威圧球)」って感じでしょうか。

この津軽ことば、日本語は言え、もはや同じ青森県の人でもわからない「津軽ことば」(幾三本人談)。

津軽弁 雑談中のおばさま。 - YouTube

 2013/03/04 に公開
まさお
おばさま、さすがネイティブは発音の深さが違う…。

そんなマイナーな言葉を使ってYouTube? いやいや、だからこそでしょ! だって海外向けなら、標準の日本語だって外国語のキャプション入れるんだから同じフィールド。むしろマイナー感のある方がリピーターがつくのがインバウンドの鉄則。で、曲の後半にもしっかり観光アピールも入れている。さすが〜五所川原に白い御殿を立てるだけはあるのである。 

吉幾三!熱唱立佞武多!感謝状授与(五所川原立佞武多2017) - YouTube

2017/08/06 に公開
aomoaomotuga

故郷の津軽をしっかりアピールする吉幾三。

アウター感がラップとピッタリ

TSUGARUという地域は、決してセンター(中央権力のある場所)ではない。その言葉を歌うというのが、とってもラップとぴったり来る。なぜならラップとはマイナーな者の叫びであり、それこそが力なのだから。
そういう意味で、YouTuberの大大大先輩であるピコ太郎(古坂大魔王)がやはり青森出身という事実は意味合いが深い。

「裏の裏は表だった」と語るピコ太郎。

一方、日本の演歌歌手としては既に十分な成功を収めている吉幾三が、あえてYouTuberとして世界に踏み出す時、自ら
TSUGARU X  RAP
を打ち出した意味は大きい。IKZO、今年66歳。やるなオヤジ!

最後に、突然ですがワンにゃんネタです

え?だって「TSUGARU」もBメロ後半で唐突にインバウンド・マーケティングに入っば? だからここで急に吉幾三絡みで「キャバリアの仔犬」出しても問題ねね!

ご飯時の「よし」が「吉幾三」だった時の犬の反応 キャバリア Cavalier King Charles Spaniel【犬の赤ちゃん】 - YouTube

2018/03/03 に公開
キャバリア りんちゃんねる [ Cavalier King Charles Spaniel ]
可愛い。しかし見方によっては「変態飼い主による虐待」と言えなくもない。(チャールズ・ディケンズが小説にすれば、ミュージカル「キャリバー」完成である)2度めの「よしいくぞう」にはさすがに引っかかりませんでしたね。よし! 

 

結論

自分で作るヤツが一番偉い! ブログも動画も作物も。

 

あとがき

そもそもこのネタは、下記「吉幾三の特化ブログ」に執筆を依頼したものですが、逆指名を頂いたため、ゆる休みの身ではありますが、ゆるりとシタタメさせていただきました。なお、決して私生活を犠牲にしておりませんのでご安心を。(言わんでも分かるわっ(*´∀`))

関連記事

 ---------------
tokyocabin