東京キャビン-オモシロと感動だけの音楽動画ブログ-

オモシロと感動だけの音楽動画ブログ

東京キャビン

ALICIA KEYS - Time Machine[歌詞和訳]、YouTubeの権利の仕組みって?

*本稿は2019/1/3の記事の再編版です。

アリシア・キーズの新曲「タイムマシーン」については以前にカイル・ハナガミ教室の動画とともにご紹介しましたが、その歌詞が非常にいいのでYouTubeにアップしました。

「タイムマシーン」歌詞和訳の動画

https://youtu.be/Bq_-Xd1fz78

「タイムマシーン」アリシア・キーズ 歌詞和訳, Machine - Alicia Keys Lyrics in Japanese
2020/01/03 
tokyocabin チャンネル登録はこちらですぐできます☆

 

読みやすさ重視の編集です。勇気を与えてくれるとてもいい詞ですのでぜひご覧ください。とはいうものの、公式MVの方が音が当然音がいいです‼ 

ALICIA KEYS - Time Machine  (Official Video)

https://youtu.be/NFCsuDcWqY0

Alicia Keys - Time Machine (Official Video)
2,093,039 回視聴•2019/11/20 Alicia Keys
チャンネル登録者数 381万人

それにしてもこのアレンジ好きですね。歌詞動画作るために100回以上聴きましたが、この力強いそれでいて細部まで行き届いた構成がいい。

ALICIA KEYS - Time Machine【歌詞和訳】(コピー可能)

アリシア・キーズ「タイムマシーン」 
*訳を若干変更しました。 2020/1/03

Fear of what's in the mirror, year
So much to be afraid of
鏡に映る姿におびえる
いろんなことが怖い

Scared of what we're made of
And what we maight be
自分が何ができるの
ほんとは何なのって

Young life flies out the window, yeah
It's not the time that changed us
若さは窓から飛び去ってしまう
でも時時間のせいじゃない

It's the dreams that we weren't chasing
Come back to haunt us, eventually
追わずにいた夢が戻ってきて憑りつくの

That's why every morning, after dawn and
Tell your darling something is calling
そのせいで いつも夜が明けると
何かに呼ばれてる気がするって言い出すの

Drive me crazy, I just cant't explain it.
おかしくなりそう 説明できないけど

Go out of your mind
(Out of your mind, Out of your mind,Out of your mind,)
狂ってしまうの

Go outo of your mind
(Out of your mind, Out of your mind)
狂ってしまうの

No, we can't rewind, life ain't no time machine
やりなおせないの タイムマシーンじゃないんだから

But Once you free your mind,
there's beauty in everything
でも心を放てば
全てが美しいことに気付くはず

 

歌詞の内容の分析はこちらをどうぞ! ハナガミ教室のダンス動画もあります。

「タイムマシーン」公式MVのメイキング動画

https://youtu.be/h3YWWwyC_as

Vibin' With My Girls ... Behind the Scenes of Time Machine
25,930 回視聴•2019/11/30 Alicia Keys

これ、LAのローラースケート場 World On Wheels でとったとのことですが、ライティングが大人っぽくてかっこいい。

2013年に一度閉鎖されたWorld On Wheelsだが

https://youtu.be/p2wVc3fwK8E

World on Wheels rolls to an end
7,071 回視聴•2013/07/11 Los Angeles Times
チャンネル登録者数 23万人

1981年のオープン以来、LAミッドシティにおけるコミュニティの中心であるとともに、ヒップホップ文化が育つ場所でもあったんですね。どおりでヒップなとこだわ! で、上の動画は2013年にいったんクローズしたときの様子ですが、2017年に再開しております。愛されていたからでしょうね。

オリジナルのTシャツがかっけー。わたし滑れないけど。

 

この曲、米国内でじわじわキテる感が感じられます。ダンスもカイル・ハナガミ以外に出そうな感じがします。面白いものが出てきたらご紹介しますね。

 

「洋楽の詞を翻訳してみた」の権利?

昔から歌詞和訳って、権利の問題ってどうなってるの?って気になっておりましたが、今回やってみてとても単純な話と分かりました。わたしがこの歌詞翻訳動画を限定公開版としてアップしたその瞬間! 

公開設定の欄に以下の文字が!

限定公開
著作権侵害の申し立て

f:id:omhd:20200103181723p:plain

 

これはコンテンツIDに楽曲が登録されているため、自動で出てくるんですね。でも「チャンネルへの影響」は「なし」となっているため問題ありません。ただ、収益化できない、というだけの話です。もし収益化を狙うなら、曲をミュートにするか、他の曲に変えるしかありません。逆にいうと、収益化しないなら動画アップOK!だよということが確認できました。厳密にいうと翻訳権とかあるみたいだけど、そのあたりは下記のたすくこまについての文章をお読みください。

YouTube著作権管理の強力なカギとなる「コンテンツID」については下記の記事をご参照ください!

 

たすくこま替え歌削除事件のポイント

ん? それじゃ最近100曲自主的に削除した”たすくこま”の場合はどうなってるの?って思いますよね。本当に詳しいところはオープンにされていませんが、本人の言葉は下記のとおりです。

替え歌大量削除の理由と年末のご挨拶。たすくこま

https://youtu.be/F3QD-cm1DzA

396,687 回視聴•2019/12/30 たすくこま
チャンネル登録者数 82万人

  • 「YouTubeの規約が変わってYouTube側に消された」わけではない。YouTube側からは「替え歌は"歌ってみた動画"と同じ扱いだから大丈夫」と言われてやってきた。
  • 「広い範囲での権利の問題」であり…オリジナルの歌詞に込められた作り手の思いを考えると、不快に思う人もいたようである。

以上のコメントから、YouTubeは基本、著作権管理団体と契約を結んでいますが、それの及ばない「広い範囲での権利の問題」(おそらく翻案権侵害、著作者人格権のうち同一性保持権の侵害)と思われます。

ただ、生配信を含め100曲近くを削除であり、それでも150曲以上YouTube上に残っている(「白米」を含めます!)、ということは残った者については現時点では特に問題がないものと思われます。

 

クリエイターとリスナーの狭間で

ご存じの通り、インターネットは技術の進歩とともに、刻々と進化・深化・拡張を続ける世界なので、当然そのルールがどんどん変わって行きます。私たちと曲や動画などソフトの楽しみ方そのものが、新技術やサービスの登場で目まぐるしく変わっているのです。
そうした変化の海に生息する音楽、とくにポップスは流行ってなんぼ、勢いがないと意味がないので「あれもダメこれもダメ」「厳密な許可書類提出厳守」など、従来の方式(JASRAC的お役所手続き)にしてしまうと、流行るものも流行らなくなります。とくにSNSによるシェアや、リスナーによる善意の積極参加(ダンス、Lofiアレンジ、アニメなど。いい例がiktok)を味方にしないと曲の広まりようがない現時点では、むしろ”いじてもらってなんぼ”と考える作り手もいるでしょう。
そのあたりのクリエイターとリスナーの境界の最前線に立つのがたすくこま氏でしょう。彼はポップスの良き聴き手であり、同時に替え歌の発信者であり、今やチャンネル登録者数82万人のインフルエンサー! この削除事件は、見方を変えるとたすくこま氏のYouTuberとしての有名税であり、替え歌というジャンルがオリジナルを凌駕とまではいかなくても、強烈に意識せざるを得ない存在にまでなったということではないでしょうか。絶対やめないって言ってたお蕎麦屋さん店長辞めて独立したし、そんなタイミングなんでしょうね。(嘉門達夫氏と比較する向きもありますが、マスメディアとCDが主流だった当時と今では状況が大きく異なっております。)

まほうのうどんの「昨日」ですか? はい、チャンネル登録が82万人になってから考えるんでいーんじゃないでしょうか。

 

まとめ

昔オルタナのCDの歌詞を勝手に訳して、それを音楽会社にファックスして売り込んだことを思い出します。何の反応もありませんでした。「らいふ・いず・のっと・たいむまし~ん♪」

---------------
tokyocabin